神無月
今月は十三夜のお月見で〜す。ハロウィンもだ〜


10月31日(金) キリキリ切り

ルリユール旅団 の都電の公演が終わりました。
お越しいただいた皆さま、ご協力いただいた皆さま、
共演者の皆さま、本当にありがとうございました。

と、感傷に浸っている間もなく、
これから年末にかけてどどーーーーっと忙しくなりそうです。
今年は年越しの個展もなく、ゆっくり過ごすはずだったのに。。
いつもなんでもお話は突然やってきますねー

ガオ〜〜
とりあえず、本日締め切りの切り絵入稿。
ケルベロスではありません。
ああでもOKの返事がこないよ〜ほえ〜

まずは部屋を片付けて、、、、頭の中も整理しよう。


10月20日(月) 哀愁のちんちん電車

都電って、いいですなぁ〜〜
公演会場へ行くまでに乗るのですが、いまだにワクワクします。
写真は、今回の舞台となるレトロ車輛です。
7504系・・と言うのでしょうか??
床の木目が温かく迎え入れてくれます。

鬱金色もしくは黄蘗色の町娘風黒衿の着物を着ています。
着物一式は自ら進んで自前衣装。あほですなぁ〜。
一生着ることがないと思いつつ持っていた着物です。
変なもの持ってますなぁ。着物を着ること、楽しいです。
面倒くさいこと、ひと手間かけること、無駄なことが大好きですから〜

お芝居も折り返し地点。半分終わりました。
残るは金土日の3日のみ。25日(土)はお座席券完売、お立ち見券少々有。
26日(日)はチケット完売!
座って観るなら24(金)のみとなりましたが、金曜も残席数わずかです、
お早めに〜〜

意外にも?劇中、始終アコーディオン弾いております。
引かないでね〜

ルリユール旅団 旗揚げ公演
脚本・演出:北川原梓
風先停留所


10月15日(水) 街で見つけたもの

ここのところ、稽古稽古練習の日々。。
世間のニュースさえわからずに、絵の入校締め切り日も延長していただき
ご飯を食べる時間さえなく、
(お酒の時間は何故かあるのだけれど・・)
そんなバタバタの中だけど、素敵なもの発見!
←横浜の稽古場へ行く通り道にあったお店。なにか会員制のお店のようですが、クラウンの格好をした人がアコーディオン弾いています。
何のお店だろう・・?
お芝居の会場の都電のへ行く道で発見!→
3輪の車?バイクかな?
レトロチックだけどピカピカしていて、、、なにかインドネシアかどこかのお料理屋さんの車っぽかったです。
ともあれ、もうすぐ本番です。
「風先停留所」 ルリユール旅団 


10月9日(木) レトロアコ

昨日、横浜の不思議な感じの稽古場で見つけたもの。
お芝居の小道具のためか色々妖し気なものが辺りに散漫していました。
その中で一番気に入ったものがコレ。

made in japan 「Tombo」と書かれています。
と〜〜〜ってもレトロな字体で。
可愛すぎる!!!

しかも開くとこんな具合に、蛇腹の中まで花柄で〜〜〜

なんてキュートなの!?

ダイアトニックのボタン式アコーディオンで、とっても軽いです。

お芝居はどんどんアコーディオンを弾く場面が増えてきて必死なのでござる。
そんな中、休憩中にレトロなトンボ製アコで気力体力補給。

「風先停留所」
 
ルリユール旅団 


10月7日(火) 矛盾

昨日は絵の教室、本日はジャグリング教室、明日はアコ弾きで参加する芝居の稽古、描かなければならない絵も溜まってる、、、ここのところ日々疲れています。銅版画用品もジャグリング道具もアコーディオンという楽器も重いので、いつもわたしは大荷物。

頭の中では、山ごもりして人里離れたところであまり人や文明に関わらずひきこもって銅版画したいと考えるのだけれど、現実そうはいかない。

そして、いつのまにか絵の教室もジャグリング教室も芝居のアコ弾きの稽古もどれもそれぞれとても大切で。人と人の出会いって不思議だな。皆愛おしい。
今日から始まった浦和のジャグリング教室は、読売浦和校の支配人さんまで受講生で参加されていて、、、、、いや〜〜〜びっくりしました。わたしが着替えて教室に行くともうすでに生徒さん達が仲良くなってお話されていてなんだか嬉しかった。

ひとつの事だけに集中したいと考えたこともあったのだけれど、今は全てが大切に思えるので、今はわたしの体力があるかぎり全てに全力を注ぎたいと思っています。

そして、初のひとりだけでの、お芝居での劇中生演奏「風先停留所」ルリユール旅団 は、アコーディオンに対しての今までのわたしの概念を変えてくれそうな、、、うまく言葉では言えないけれど、曲を弾いてりゃいいってもんじゃないって、そう思わせてくれます。音符から少し自由に解放させてくれそうな気配・・・いろいろ考えさせてくれる芝居のアコ弾きです。

今日もとても疲れたけれど、なんだか心地よい疲れです。
おっさんみたいやわぁ。
今、麦酒横に置きながらやし・・

  


10月6日(月) 紹興酒

中国のお土産に、20年ものの紹興酒をいただきまた。
おいしそううううぅ。
剪紙の紙袋も中華してます。
(製造は香港で、何となくホッ。)

そして、お札を見せていただいたら、伍角札(7円位)がとってもきれい。
伍角札もいただいてしまいました〜わ〜
ありがとう。。


9月25日(木) 元気の素

先週初めまで展示されていた京都のギャラリーから絵が2点戻ってきました。
どうやら期間中70点の作品の中、いちばん気に入った作品とその感想を書く用紙が置かれていたようです。
主催者さんは私の絵に関する感想のコピーをとって絵に添えて送ってくださいました。ギャラリー月の庭さん、ご丁寧な対応ありがとうございます。わたしは現場に行けなかったのが残念。

知らない方からの絵の感想に、元気をもらいました。
規制が無く、まったく自由に描く時のわたしの絵は決して万人向けではないのだけれど、たまに気に入っていただける方がいると思うと嬉しいです。


9月17日(水) 公演ひと月前・・

なにやら面白気なお芝居に、出演いたします。
場所は、普段展示されている都電荒川線、レトロな電車車両内。
お客さまも演者たちも電車内という不思議な空間です。

時代設定で主人公の女性達は着物です。
わたしももしかして着物着るかも??という噂。
役者ちゃうけどね〜
(それほど無謀なことはしません。。)

「劇中生演奏」という立場で、
しかも音楽はわたしのアコーディオンのみ。
もう誰かの音に隠れたり、、できないやないかぁ〜〜い!

音楽班は参加したばかりだけど、このひと月この芝居にかけたい。
しかしこんなときにかぎってしないといけないことが増えてくるんだ。。
秋冬にバタバタしていることが多いなぁ。

脚本・演出をされている北川原梓さん(快飛行家スミス)の作る世界の、
なんともいえない言葉・空間・漂う空気感が好き。
蒼井まつりさん主催「ルリユール旅団」、旗揚げ公演です。
自分でもどうなるのだろうとかなりワクワクしています。


「風先停留所」 ルリユール旅団


9月11日(木) La Vie en Rose

今週は、大阪で親しくさせていただいているお姉さま達ふたりのシャンソンライブ。

帽子の似合う格好良い方と、テキパキとした華やかで美しい方。
「華のある方」というのはなんとも形容しがたい不思議な魅力があるものだ。
(自分にないものに魅かれるのね、きっと。)

アコーディオンで声をかけていただいていたのに行けずに、お客さまへのお土産にわたしの切り絵葉書3種、という型で参加。そのうち1枚はシャンソンを意識したもの。本当は全部関連品にしたかったのだけど時間なかった〜
自称机派のわたしは、表舞台に出るよりもこういう参加の方が向いているかも。(絵の中でアコ弾きました。絵の世界では上手く弾いてまーす♪)

どうかどうか盛況でありますように。


9月9日(火) あねもね探し

ガオ〜〜! 銅版画していても、
脳みそはアネモネ探し・・・
(意味不明)
写真は、中原淳一さんの「はなのシール」

長月、夜長月。
これからは夜が長くなっていきます。
14日は仲秋の名月です。
わたしは太陰暦に憧れているのさ〜

9月1日(月) くさくさ

ミネラル分豊富な蕎麦の花の蜂蜜。体にとても良いらしい。香りは少々キツし、くさ臭。薬品のような匂い。
今日はワッフルに少しつけて頂きました。蜂蜜檸檬できるかなぁ、、この香り。。
初めての食べ物にわくわくしながら。
ああ、電話やmixiやインタンホーンが恐いの、なんとかならないかなぁ。
電話は鳴ると、怖くて逆に遠ざかってしまう。突然鳴るんだもん。予告してよ〜って
いつの時代の人間や・・
手紙くらいの伝達速度が好き。遠ければ遅いの。

今日はアコーディオンから離れた隙に楽器が無くなっていて、必死で探している夢を見ました。目が覚めると楽器があって、、、、本当にうれしかった〜


8月28日(木) ふたつ

浦和の読売日本TV文化センターのチラシが届きました。
同じ面にふたつの講座で掲載されています、「アコーディオン」と「ジャグリング」。新宿のセンターでは3講座していますが、始まった時期が違うので、掲載はひとつずつ。

そういえば3年位前にも京葉センターで講座していたなぁ。ららぽーとへよく行きました。あの時は「銅版画」と「ジャグリング」でした。
あ、記憶はよみがえる。まだダブルありました。町田の「切り絵」と「ジャグリング」。

ガー、、、もれなく「ジャグリング」がついてるやんっ!
実際は自分がジャグリングのボールみたいにくるくる廻ってるよー
本日もくるくるぐるぐる・・・・焦。

浦和センターは、浦和ロイヤルパインズホテルの地下にあって優雅だよ〜


8月21日(木)  今朝の音

「ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミン ジィ〜〜〜」

「ツクツクホーシ ツクツクホーシ ツクツクホーシ うぃ〜〜
 うぃあー うぃあー うぃあー うぃあー  ジィ〜〜〜〜」

フルーティーなビールは苦手だと思っていたのに、、、
とってもフルーティでおいしかった、よなよな。


8月16日(土)  やっと見つけたっ!

日々、オリンピックに熱くなっております。塚田真希さんの試合を見ていて泣きそうになりました。素晴らしい銀メダルです。

皆輝いてます。世界のトップにいる人達・・想像を絶する努力をしてきた人達なのだろう・・とてつもなくたくましい集中力・精神力の持ち主なのだろう・・

ただただ応援するしか能のないわたしは、せっかくなので少し歩いてオリンピックへお買い物。

他にも近くに「オリムピック」という名の古いパン屋さんもあります。ムというあたりにレトロ感。東京オリンピックの頃にできたのかなぁ。

そのオリンピック帰りに、ずっと探していたものを見つけて購入しました。
買ったものはコレ↓

桃まんじゅうみたい。

豚の貯金箱を買いました。ずっと探していたの。わーい!!

よくある貯金箱なのだけれど、実はなかなか無いのです。そう、わたしの欲しかったものは、ゴムの蓋の出し口が無いもの。開けるには金槌とかで割るしかないの。

欲しかったんだ〜〜〜〜

うれしいな。


8月4日(月)  Moffyちゃん

銅版画教室は、小学校が夏休み期間のため、生徒さんのお子様も参加。

6歳のまほちゃんは折り紙でボールや菓子入れやモッフィちゃんを作ってくれました。ミッフィちゃんではありません。持参のうさぎのぬいぐるみには確かに「Moffy」と 書かれていました。
おかあさんとモッフィちゃんの絵を銅版画しました。ちゃんと反転することをわかってローマ字も鏡文字で版に書きました。鏡文字に抵抗はないようでなんでもすぐに鏡文字にできるようです。

6歳ってお利口なんだなぁー。絵を描いた後、自ら黒板にこれからすることを書いていって、終わった作業を消していきました。黒板には背が届かず、机や椅子に乗って書いています。

自分で作った折り紙ボールでお手玉もしていました。その小学校では折り紙を推奨しているらしく、机の中に折り紙を常に入れておかないといけないんだとお母様がおっしゃっていました。

銅を削る音に合わせて踊ってくれたり、
マーブル模様を恐いと言ったまほちゃん。
とっても新鮮な気持ちになりました。また遊びに来てね。

この6年、わたしは成長したかなぁ・・


8月2日(土)  花火大会へ

暑中お見舞い申し上げます。

毎年恒例の美術展&花火大会へ行って参りました。
今年は初めて花火のチケットなるものを購入。いつものようにゴロンと観る
ことはできませんが、花火がとても近くて大きくて降ってきそうでした。
ここ3〜4日、色々な方々にお会いし、濃厚な日々。

今年は夏バテ感が激しく、これでは体力がもたん!と気づかうあまり逆に
たくさん食べている気がします。

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり) 2008-1 2008_3
2007-1
2006
 

HOME