平成二十二年 (2010) 弥生


3月 8日(月)  ふわふわした
友人に贈り物を届けようとして住所を調べてあらためて見たら、
途中から町や番地が音符でした。
最近はこんな住所もあるか、知らなかった、、、、、

いつのまにか世の中、色々な表記方法がでてきたのね。。。

音を頭でイメージしてから、
宛先に途中から五線譜を書いて、ヘ音記号を書いて
その方の住所はト音記号でなくヘ音記号でした。)
住所の譜面を書き写している時に、

 

目が覚めました。。
どんなメロディーだったかな、、、

現実の方のわたしはというと、
今年は少なめだという花粉にさえ負けております。。
今日は眼鏡にマスクで出かけました。

アコーディオン教室の生徒さんがお財布入りのbagを置き忘れて、
アコーディオンだけを持って帰ってしまいました。
鞄は翌日に無事に戻ったからよかったのですが、、、、
おまぬけですね〜〜そして、可愛らしいですね。。
アコーディオンだけはしっかり持ち帰っているなんて。


※読売カルチャーさんのアコーディオン教室が満員なこともあり、
カフェanoさん(表参道徒歩10分弱)でアコーディオン教室を復活してみない?
とのお話を頂いています。。

実際に開講できるかはわかりませんが、また
以前のように1回単位ではなく、3ヶ月単位で曜日・時間固定制になると思いますが、
複数名いらっしゃるようでしたら開講にむけて時間を作れたらと思います。
ご希望のある方はメールでご希望の曜日や時間帯を記した上で
「アコーディオン教室について」と題してお問い合わせください。

平成二十二年 (2010) 如月

2月 23日(火)  散歩着
先日、創作の紙芝居を発表する会にお招きをいただき観に行きました。
脚本も絵も読まれる方が作っていらっしゃいました。素晴らしい!!
10話近く観たでしょうか。
しかもなんと、近所だったので歩いて行きました。

紙芝居見物なら着物でしょう?っと、なんとなく着物を着ていきました。
この「なんとなく」がとても大事です。
しかしまだなんとなくは実は着られていませんが、、、
仕事でもなく、友人と着物で会う約束をするでもなく、
初詣でも結婚式でもなく、初めて普段着に勝手にひとりで着て行くことを決めて出かけました。

テーマは「ちょいと紙芝居観て、お蕎麦屋さんへ」
お蕎麦屋さんへ行くことが決まっていたので、蕎が散ってもいい着物、な感じです。
少し前まで美しい着物が好きでしたが、今は気取りのない着物へと好みが変わってきました。

紙芝居のホールのお向かいにはなんと、、、、、素晴らしい銭湯がありました。
その建物の和の趣きに感激してしまいました。
覗いてみたいなぁ〜でも恥ずかしくて銭湯行けない。。。

おとめ湯はマークまで可愛らしかったのでした。
おとめ湯万歳!


2月 3日(水)  ジャグリングと投扇興と着物メモ
 昨日のジャグリング教室で、初めてボールが回せるようになったときは本当に本当に嬉しくて嬉しくって!!!とおっしゃっていたKさん。まさかできると思っていなかったのにと。
なんだかちょっと感動しました。自分にもそんな時期があったなぁ。

練習すれば必ず出来ますよ、と普段私は人に言う。
出来ない人は出来る人をうらやましく思うけれど、興味自体も薄くて自ら何もしないからなのですよと、普通の人である私は思う。いや、自分は普通以下だろうか。
だからまずは普通になるまでの道があるから、すべての道ははるか遠い・・・
天才肌の人は違うと思うけれど、そうそう多くはないと思う。
きっとデキル人は積み上げてきた人なのだろう。

話は変わりまして、先日投扇興の会、蟻蟻連へ行ってきました。
和のゆったりした世界はわたしには安らぎのひとときです。
(この日はアコーディオンも弾いたのでそれまでは安らがなかったけれど。。
アコ写真を撮られた方、送ってくださると嬉しいのですが、、、、)
今回は競技者としての参加だけでなくアコーディオン弾き、行司や書記係としてもお手伝いさせて頂きました。
ミミ小熊さんの紙芝居「壊れた人形」がわたし的にはツボでした。また
観たい〜〜!

昨年や一昨年も書いたかもしれませんが、蝶(的)に当てて得点を競うというより、その後の美しい形で得点を競います。
扇の要で大きな音をたててしまうと過料(マイナス点)になります。
なんて優雅な遊びなのでしょう〜〜〜
扇がはらりと舞います。

しかし、、、、わたしは実は負け知らず。
とっても優雅な遊びなのですが、勝負事となると、負けず嫌い感が出てきてしまいます。
いつも練習はさっぱりダメなのですが、、試合では負けたことがありません、ふふふ。
ジャグリングで鍛えた?腕さばきではらりと。

投扇興の日の着物メモ:鮮やかな色が少し入った黒い着物。厚手の織りの小紋。お召しかな?厚手のものはあまり持っていないのですが、冬は暖かかった。
黄土色?の厚手の帯。銀座結び。
半襟、いちばん愛用のもの。
帯揚げ代赭色。帯締め、抹茶。
足袋は黒柄、寒いので2枚重ね履き。

今日は節分、恵方巻き食べまーす。
今年は庚の方角(西南西)らしいです。
鬼面を何故か3種もゲット。赤鬼ばかりだ・・
どれだけ豆好きなのでしょう〜〜

平成二十二年 (2010) 睦月

1月 26日(火)  なかった日が現れる
本日あると思っていた用は、すべて明日の用事でした・・

まるっきしの記憶違いのため頭が混乱してしまいました。。

突然一日が増えました・・・・Mちゃんからの電話がなかったら、思い込みのまま、準備して出かけるところでした。。電話ありがとう。。そしてなんとも、、歌舞伎にお誘いの電話でした、ありがとうありがとう。。
急だったので遅れて観覧、もったいないねぇ〜〜

しかし、、、、、本日は頭の時間のズレからの混乱がおさまらず、、、、不思議に歪んだ一日でした。

本日観たもの(歌舞伎座ではなく、初の新橋演舞場)
一、寿曽我対面(獅童ほか・・・見逃す)
二、黒塚(右近ほか)
三、春興鏡獅子(時の人、海老蔵さん、さすが!艶やかな姿とその表情に感嘆しました。子供ふたりも素晴らしかった〜)歌舞伎役者は並の体力ではないなぁ・・


1月 25日(月)  
キミのようにアコーディオンを奏でられる日が来るといいぁ。


1月 17日(日)  関西にはパワーがある!!
久しぶりの大阪長期滞在で、あらためて自分は関西人なんだなぁと実感!!

やはり、、、、TVは(TVはあまり見る方ではないけど)断然大阪の方が面白い!!さらりとぬけぬけと、皆本音で自分の意見を言う。東京は中央だからか、なんだか回りを気にしてのさしさわりのないことしか言わない感じ。久しぶりに帰ると、TVでここまで言うていいんかい!!みたいなものばかり。すごいな〜

あと、広告もおもしろい!ひらぱーのひとりバンクーバーとか。大阪市交通局のわすれないではかなりはまりました。さらりと見ると見逃すところでしたが、、、名前を見てビックリ!!新人さんは沖サリィです。あとはご自身でご確認ください。

あまりにも寒いので、一昨日、レッグウォーマーを3足も買いました。買いに行ったお店では売り切れてないと言われましたが、別のところに行くと逆に半額になっていました。

一足は自分の分。一足は母へ送ろう。元気にしてるかな〜

写真は母の小さな楽しみの庭。左はあまり家を出られない母の梅林。とりあえず一株ずつあります。手前から蝋梅・白梅・紅梅。
蝋梅はとても良い香りを放っていました。

このページの今年の目標 : 「ページリニューアル」絵を年代別に並べ替えて、絵を年に数枚は更新するようにしよう!!(絵のために作ったのに、、、ほとんど更新していないから・・)

アコーディオン教室は現在満員で、キャンセル待ちの方もいらっしゃるようで、、びっくりしました。空き状況等は恵比寿センターへお問い合わせください。場合によっては時間拡張等も考えてくださるかもしれません。
なんだか申しわけない感じです、、わたしもがんばらなぁぁ〜〜ほえ〜


1月 14日(木)  まずは三点を固めよ、神楽坂闊歩。
年末は京都入り早々、舞子さんを見ましたが、
昨日は神楽坂で芸子さんに遭遇しました。

すれ違ったのに、シャッターを押すのが遅かった・・

なんだか東京・神楽坂と京都・祇園ではぜんぜん雰囲気が違います。面白いものです。

大先輩志村さんと友人のもっち。
三人で神楽坂を闊歩しました。ご挨拶回り兼、新年会。(実はわたしは体調崩した知人の代理のにぎやかし・・)

黄門さまと助さん格さんみたい。
もっちは現在発売中のダヴィンチの表紙で蒼井優ちゃんの着付けをしています。
志村さんのお話の豊富なこと!!なんと豊かな方なのでしょう。三人で和のこと等を語らいました・・
わたしもお酒が入っているのでエラソーに、、、、、

新年なので、明るいクリーム色の付け下げ。衿もきっちりめ、めずらしくお太鼓結びにしました。
もう少し隙のある着方の方がよいと言われましたが、新年なので一応、キリリとしたつもり。。
毘沙門天さんへお詣りにいきました。
今年の初着物です。


1月 14日(木)  まぁるい月と八坂さん
年越し、12月31は八坂さんでをけら詣り。
電車では持って帰れないので、をけら火は見るだけで。。
火縄くるくるは目で楽しみました。
で、一年の締めはおけら酒〜〜
飲んだかわらけも、袋に包んで頂けるのです。
1日も初詣に八坂神社へ。
この日は寒すぎて1日のわりには参拝される方がいつもよりかなり少なかったです。

お気に入りの写真は参道に出ていただるま屋さん。
昭和初期のような感じが漂います。


 1月 9日(日)  わたしは何処でしょう〜〜
年末年始の個展の切り絵部屋です。
だ〜れもいないときはこんな感じでした。
※写真(↑)の中に私は写っています。

ととと、ところがどっこい!!!
たくさんいらっしゃってくださっているときは・・・

同じ場所とは思えぬ〜〜〜

しかもいちばんゆっくりと遅めに行った日は
予想に反していちばん多くいらっしゃってくださいました、、、、、
居ない方がよいとか、、、?

よよよ、読めませんでした、、、、、まぬけです。。

烏丸経済新聞 に切り絵部屋のオルタナコーナーが掲載されました。

作品ファイルや販売銅版画ファイル、小物&絵本は、私が到着してから出していたので、、、すみません。。。

ちなみに銅版画部屋はこんな感じです。

最初の写真の中のわたしが見つけられましたか??
隠れたつもりはなかったのに、後から見ると居なくてびっくりでした。

3・・

2・・

1・・

椅子に座って、向こう側で仰向けになっていました。

また京都大阪のこと書きます、たぶん〜

頭も部屋も通常モードにもどりません。。。

部屋を片付けなければ、、、年賀状を書かなければ、、、
ご挨拶がおくれましてすみません。年賀状の当選発表前到着を目指します。。
たしか年賀状は買っていたはず・・・わわわ

ぎゃらりぃ西利 12月23日(水)〜1月5日(火) 切り絵&銅版画展
明けまして おめでとう ございます。

年越しの個展も無事終了いたしました。
お越しいただいた皆さま ありがとうございました。

遠い中お越しいただいた皆さま
新しく出会った方々
久しぶりに近況をお知らせくださった方々
感謝の気持ちでいっぱいです。

ぎゃらりぃ西利のM上さま、M下さまありがとうございました。

東京へ戻ったら、写真を整理して会場の写真などUPしたいと思います。

年賀状は今年はまだ書いておりません。。。。。作っておりません。。
それもこれも東京へ戻ってから、個展の後始末をしつつ作成できればと思っております。後出しじゃんけんのような賀状になりますが、、、申し訳ありません。しかも今は大阪なので、いただいた年賀状もまだ見られません。。。

んな者ではありますが、、、
自宅に戻りましたら、少しずつ通常のリズムに戻していきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成二十二年 一月六日 高橋さとみ

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり) 2010-1
2009_1 2009_2 2009_3 2009_4
2008-1 2008_3 2008_4
2007-1
2006
 

HOME