平成二十二年 (2010) 文月


7月 6日(火)  メール再送くださいませ。。。
いよいよボケてきたのかもしれない。。夏ボケ。

先月、仕事のメール2件も見逃していて、迷惑メールにまじってゴミ箱に入っていた。。1件は来るはずの資料が届かないので催促したら、出しましたよと言われ、もう1件は返事がないからと再送してくださった際に気付いた。そして昨日、メールを出したんだけど見た?と、友人から。あれ〜〜〜!!もうひと月くらい前らしく、ゴミ箱にも入っていなかった。ごめんなさい。。。
まさかのひと月で3件も見逃しメール・・・・ということは、実際はもっと多いのか・・・?

うう、自分が信じられない〜〜。申しわけない。。
もしももしも大切な用件で返事がなかったら今一度ご連絡くださいませ。。。

先週の金曜と昨日と、たまたま神楽坂で打ち合わせ。神楽坂ビールを買って帰りました。

ここのところ、携帯電話の音が出なくなっていたので買い替えたら、随分薄くなりました。
使わなさそうな機能がたくさん付いてる〜〜。

今日は短冊買わなくちゃ。


7月 1日(木)  初々しい
昨日、アコーディオン教室の帰り道、比較的混んでいる電車の中見知らぬ女の子に呼ばれた。いや、呼ばれたというより、腰のあたりウエストの後ろ辺りをツンツンと指先でつつかれたので振り返ると学生風の可愛らしい女の子が居て、「あの・・・席・・・」とわたしに向かってボソッと言い、電車の座席の端っこに座っていた女の子は私に声を掛けた直後端っこよりひとつ奥側の席に移動し、私に今まで彼女が座っていた席に座るようにと目で訴えている。ご好意に甘えて彼女の隣りに座った。わたしが指示通り座るとその後目を反らした。ガタンゴトン。

私は不思議でしょうがなかった。周りを見渡しても、立っている方で私よりも年配の方はたくさんいらっしゃるし、疲れてそうな方もたくさん居る。どうして隣に座っている女の子はひとつ空いた席にわたしに座るよう言ったのか???わたし自身風貌的にどう年を上にみてもお婆さんにはまだまだほど遠い。不思議だ。立っている方はたくさんいるのに、どうしてわたしなのか。声をかけられて座った嬉しこそばゆい気持ちと、立っている方に申しわけない気持ちも少し。
なんだかわたしは隣りの彼女を意識してそわそわ。彼女もそわそわしている。席を普段から譲り慣れている風ではない、語尾が消えていく感じで声をかけられたからたぶん間違いないだろう。
謎は深まる。降りる駅が近づいている。お礼も言いたい。
このまま降りてしまったら、永久に謎のままになるし後悔すると思い、次が降りる駅になった時に勇気を出して隣りの彼女に話しかけてみた。

あの・・・・次の駅で降りるんですが・・・・今まで席で声を掛けてもらったことがなかったので・・・・ありがとうございます、と。

すると彼女が言ったのは、彼女が渋谷から乗った時に丁度私が立っていた辺りの席の人が降りたらしく、それをわかっていたのに乗ってきたての彼女がさっと座ってしまい、わたしに対して申し訳ないと座りながら思っていたらしいのです。しかも大きな荷物を持っていて大変そうなのにと。

おお!!なるほど。
思い切って話しかけてよかった。謎が解決したし、きちんとお礼も言えました。
大きな荷物はアコーディオンなんだよということも言えました。もう少し早めに声を掛けていたらもっとお話しできたのにな〜〜。
友達になれそうでした。名残惜しく降りました。

わたしはというと、近くの席が空いていたかどうかも気にしたことはなく、ただ、アコーディオンをドア際に置きたいけど人がいるので置けないなぁと思っていただけだ。座席とは反対側のドア付近に行きたいけど人がいっぱいだからたまたま座席付近に立っていただけでした。

座ろうなんて思っていなくて、なーーーんにも考えずにただ電車に乗っていたわたしなのに、座ったがために罪悪感を感じていた女の子。混んでいる電車に乗ってきたての女の子が反射的に一目散に空いた席を目指して座れたけれど、重い荷物をもった目の前の人(わたし)は自分が乗ってくるより前から立っていたのに後から来た自分が席を取ってしまったんだ・・・と思って罪悪感を持って座っていたと思うと、、、なんだか胸がキュンとしたのでした。
わたしは脳天気なんだなぁ、ハハ。

彼女の気持ちを思うと、初々しいなぁ〜〜、思春期だなぁ〜〜、と思うのでした。
わたしの気持ちも少し少女返りして。清々しい気持ちで帰りました。

平成二十二年 (2010) 水無月

6月 27日(日)  手紙を出したくなるポスト
乗ることの出来ない車輛、

電車型のポストに遭遇!

出すふり、だけしておきました〜


6月 23日(水)  大人のわがまま
チョコレート味のビール(発泡酒かな?)を飲んでしまいました。。

香りは、ほどよくチョココロネパン。なるほど、香りはそうだろうと思っていたら、、、味も本当にチョコレートっぽい。。ををを、予想以上のチョコ味・・・・まいりました。。飲めなかった。

わたしはチョコレートが苦手なのです。

大きな声では言えなかった。昔は何でも食べるように育てられたから、あまり好きでないものも何でも食べていた。

子供の頃、キッチンにおこづかい表というのが貼ってあって、おこづかいに「マイナス」がつけられるのだ。減っていく仕組み。項目に・遅い・残したなどとあって、わたしは「遅い」の欄にたくさんマイナス点が、、、、、残すと永久に出てくるので・・食べるしかなく。。

話しがそれましたが好き嫌いは今までないと言っていたけれども、最近、嫌いなものは嫌いだと言おうと思いまして。もう大人なのだから、嫌いなものを無理して食べなくてもいいやんと。親切にお土産で急遽その場で口にしないといけないチョコレートをくださった場合にも今まではありがとうと頂いていたけど。ありがとう、でもチョコは苦手なので。と断わったりできるようになりました、笑。チョコレートとアイスクリームは世の中誰でも喜ばれるかのような迎え入れられかたなのですが、、、、わたしはどちらも実は苦手でした。。おいしそうにがんばって食べていたな。

牛乳は大の苦手で、、、小学校でも自宅でも飲まされていたけれど、今は乳製品は止めています。ホワイト系のソースを作るときは豆乳。

そう、チョコビールは、、ほとんど飲めませんでした。香り程度で、味はほとんどしないのではと甘く見ていました。以前八丁味噌のビールは濃厚な八丁味噌味なのに不思議と美味しかったのになぁ〜〜。

写真は珈琲酒。これまた失敗作。
お店で友人に勧めたけれど誰も注文してくれなかったのでわたしが注文してしまった。。(興味はあったので)
味はまるで珈琲で、、でも焼酎で、、変な感じ。美味しくないけど笑える味でした。アイスコーヒーが好きな人はシロップを入れたらそのまんまかも。でも〜〜もう飲まないなぁ。
焼酎にコーヒー豆を漬けておいて作るそうです。
今年も梅酒作りました。ブランデー入り、蜂蜜入り。本当は蜂蜜onlyで作りたかったけど、おいしい蜂蜜が少ししかなかったから。

今朝は早起きしたから、、、、眠たいです。脳が半分眠っているのに書いてしまったから文が心配。
珈琲酒ならぬ、濃い珈琲を飲もう。


恵比寿のアコーディオン教室がおかげさまで定員に達していますので、お待たせしている方も居るようなのですが、10月からは同じ読売カルチャーさんで浦和校も始まります。浦和校はロイヤルパインズホテルの地下にあり、良い雰囲気のセンターですよ。


6月 14日(月)  いつからシュシュなんだろう?
髪を束ねるものがシュシュだなんて可愛らしいネーミングがついていなかった頃のモノが、ゴムが少々伸び気味で出てきた。

生地は元気だったので、ゴムを替えついでに、その型を参考且つテキトーに、家にあった余り生地でシュシュを6倍にしてみた。

シルクや木綿や手拭地や化繊のものいろいろな生地で。
途中から輪にするときにねじりを入れたりレースのテープを入れたりしてみた。
シルクがやはり手触りが滑らか。もっと可愛い生地があればよかったなー。

ものを作るのはやはり楽しい。


6月 11日(金)  九八屋
先月は母と、小石川後楽園へ行ってきました。

母は木々や草花を見るのが大好きなので、途中何度か植木職人さんに関西弁で話しかけていました、笑。
1時間のコースを2時間半かけてゆっくりと。
近くにこんなところがあったのですね。晴れの日でも木漏れ日が心地よく、日差しが気になることはありませんでした。蓮の花もきれいでした。

わたしは九八屋の看板が気に入りました。

九八屋(くはちや)
江戸時代の風流な酒亭の様子を現した。
この名の由来は
「酒を飲むには昼は九分 夜は八分にすべし」
と酒飲みならず万事控えるを良しとする、
との教訓による。

なんかええねぇ〜〜〜昼九分で夜八分で、、、それでも控えてるのね。。
エライッ!


6月 7日(月)  青い印
次期のアコーディオン教室の日程を手帳に書き込もうと確認しようとしたら、、、、
わたしの欄には青いしるしの(
満員)の文字が、、、、

なんだかうれしいです。

せんと
「教室だけじゃなくて、
 あんた自身もがんばりや〜〜」

「・・・・はい。。」

  

こんなことで喜んでいる自分が一番青いのう・・

  

※ジャグリング教室も大募集中。。


6月 3日(木)  アコーディオンマン
昨日アコーディオン教室でいろいろお話ししている時に、
生徒で来てくださっているIさんがアコーディオンマンを知らないと言っていたので、
ここに載せておきますね〜〜。見るかな??

顔がアコーディオンでかわいいのですが、、、、
なんだかいまひとつカッコ良くない気もするんだけれど・・・・ハハ

そして、観てしまうと、つい

「アコーディオンはたのしいよ アコーディオンでブラボーブラボー!」

が頭に残ってしまいます・・・

写真は昨年夏、父と母の金婚式で集まったときのもの。(先日もらった)

皆で集まれたのが朝からお昼にかけてだったので外へも行けなかったのですが、
わたしもすっぴんでよれよれのTシャツに短パンですが、、、、
アコーディオンを弾き出したら、母が踊り出しました。

兄や弟の手をとって(無理矢理〜)楽しそうに踊っていました。

母は大学を出て高校の理科(化学)の先生になる予定が、、結局仕事に就くことなく結婚して
父の就いた天文の仕事の都合で数年ペルーやベネズエラで暮していたようなので、
音楽を聞くとついつい踊り出してしまうといいます。
ご飯の時はよく踊っていたようです。
毎日がパーティみたいなもんだとか、笑。
母はタンゴがお気に入り。
父は耳をすまして聴いていました。

ある意味、、わたしは我が家のアコーディオンウーマンか。。

クリームパンダとアコーディオンマン

http://www.youtube.com/watch?v=331aQBsLt2g

焼きそばパンマンとアコーディオンマン

http://www.youtube.com/watch?v=sfODkbB62k4

平成二十二年 (2010) 皐月

5月 20日(木)  エコ
地元、
住んでいる区内で配布されている新聞。
普段は新聞と同じように右から左へとめくっていくのですが、、、

今号は捲れなかった。。

縦長だったから・・・・

新聞でいうと、一面の下にスポーツ欄が逆さまについているような感じ。ページもバラバラで。

なんか変だ、オカシイ。
ページのナンバーからすると、完全な縦と横の裁断ミスのよう。

5月だし、新人さんが切ったのかなぁ
どれくらいの人に縦長が届いたのかな

可笑しいなぁ〜
やり直さないところがエコですね(笑)

貴重な気がしてきました。

平成二十二年 (2010) 卯月

4月 30日(金)  狂言とエンドウ豆
4月29日(昭和の日)、京都の知り合いが出るということで、
下北沢八幡神社へ狂言を観に行きました。

風がとても強かったけど、神社で無料で狂言が見られたりするのですね。
こぼれ聞こえてくる狂言の声に導かれて神社に辿り着きました。
付近に良い雰囲気が漂っていました。
狂言って、お話が皆面白い。昔の人は解説無しでも直に言葉を聞き取れたのかな?歌舞伎も?

お天気がよかったのでふらふら散歩して帰りました。
遅いお昼ご飯にワインを1杯飲んだら、電車で熟睡してしまいました。。。

夜は、うすい豌豆で豆ご飯にしました。
豌豆は半分はすり鉢でつぶし、昆布で炊いた白いご飯に混ぜました。
豆の味が色がごはんに広がり、丸いままのぷりっとした食感も楽しめて気に入ってしまいました。

めずらしく写真を撮ったけれど、、、
きれいな黄緑色のご飯の色が伝わらず・・
あ〜あ。


4月 27日(火)  昭和の子
昭和の子です。。

ゴールデンウィーク特別企画として、小田急百貨店 町田店8Fにて4/29(木・祝)〜5/11(火)まで、「昭和の子供たち」石井美千子人形展が開催されます。CMやなんかでよく見かける懐かしい雰囲気の人形です。
チラシには紙芝居のおじさんが出ていて興味津々〜〜

併催企画として、なつかしのグッズや昭和な書籍、昭和的な雰囲気の品々が販売されているのですが、わたしの切り絵の小さな作品十数点も販売されます。
不思議〜〜〜??

絵画部門は昭和の20〜30年代にその場で生活していた人でなく、逆に知らない人が昔風な物を描いたものにしよう!ということになったらしい。。
ほんのりと和風な小さな切り絵を十数点出しています。

母に聞くと、やはり子供の頃は紙芝居を見たらしい。大きな棒付きの飴を買って見ていたらしい。いいなぁ。夕方公園にベルを鳴らしてやってくると言っていました。みたぁーーい!!

わたしはニュータウンっ子だったので、駄菓子屋さんさえ知らないのだ。。。
でも小さな頃は母と土筆や薇なんかを採りに行ったかな。
母の田舎の愛媛ではお魚屋さんを一度だけ見たことがある。突然ドアを開けて入ってくるのだ。びっくりした〜〜!今日は何あるの?とおばあちゃんは慣れている感じでした。

お豆腐屋さんは車で来ていた気がする。ベルがなると母にボール持たされてお使いしてた。近くの人に会うからなんだか恥ずかしかったのを覚えてる。皆大人なのにわたしだけ子供だと何かと声をかけられて。。たまに間に合わなかったなんて言ったこともある。行けば間に合ったのに。

東京に住んでいると、近所の人を知らないので、実家やおじいちゃんおばあちゃんの田舎(愛媛)があったのは本当によかったと思う。

昭和って、、、、普通だったのに、今や懐かしい響きであることがとても不思議。いつのまにか年も増えているのかな。(考えないようにしよう♪)
GW中、一度ゆっくり昭和の子供たち展を観に行ってきます。
一日がとても長かった頃の気持ちに少し戻れるかもしれない。


4月 20日(火)  poisson d`avril ポワソン・ダブリル
先日アコーディオンを弾かせていただいた所が、とても素敵なお店でした。

私の音が良かったかどうかは別にして(笑)、とっても素敵なパーティでした。

キュートなアクセサリーショップなのですが、言葉で表しにくいのだけれども、
そこにはモノだけではない確かに温かなものが往来していました。
帰り道、穏やかなやさしい気持ちになりました。

また行ってみようと思います。

2010年4月16日 クリオブルージャポン 青山本店にて
Paris 在住デザイナー アニーさんと


4月 10日(土)  チェコアニメ上映会終了!
 2006年2月から関わってきた、チェコ料理屋さんカフェanoさんでのチェコアニメ上映会がこの4月からはなくなることになりました。残念〜〜
チェコアニメは、可愛らしいものからダークなものまであり、人それぞれお好みの映画は違うと思いますが、とてもたのしかったのになぁ・・
上映前にアコーディオンを弾かせて頂いておりましたが、新店舗になりあまりチェコアニメ上映会が浸透しなかったようです。当初は月4回上映日がありました。
モダンな新店舗より、以前の店舗での古い洋館でひっそり観る方がチェコアニメに馴染んでいたのかもしれませんね。
今思うとすこし可笑しいのですが、弾きはじめは2〜3ヶ月位は、チェコ風民族衣装を着て弾いていました。なつかしいな〜

今後もカフェanoさんへはイベントの際には弾きにいかせていただきますので、
カフェanoさん共々、今後ともよろしくお願いいたします。

浦和へのジャグリング教室へ駆けている途中、伊勢丹のショーウィンドウが
メリーゴーランドみたいに奇麗に見えました。鳥籠です。

平成二十二年 (2010) 弥生

3月 26日(金)  春
なんとなく、TOP画像を久しぶりに変えました。
以前のTOPはパソコン(得意でないillustrator)でweb用に作ったものですが、
たどたどしい絵を見るたびに恥ずかしく、、、、なんとなく変えてみました。

絵は挿絵のような、モノクロの線画にずっと魅かれていたのだけれど、
色もいいなぁと思うようになったこの頃です。

現在のTOP絵はテンペラ画「蒼いチケット」。

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり) 2010-1 2010-2
2009_1 2009_2 2009_3 2009_4
2008-1 2008_3 2008_4
2007-1
2006
 

HOME