平成二十四年 (2012) 壬辰  其ノ四


平成二十四年 師走 28日(金) 年の瀬
いつのまにか年の暮れとなりました。本年もたくさんの方にお世話になりました。
今年は
お店でのアコーディオン演奏が始まり、初めての方とたくさんお会いし、お話をするようになりました。お教室の方も、それぞれの方によりよい助言をしたいし、楽しい教室にしたいと思う一方、教えるだけでなくわたし自身が前に進んでいかなければと痛感いたします。

年越しは、年賀状作りに大掃除にお節作りに、アコーディオン練習に型染めに、、etc.
相変わらずバタバタと、そして性格上のんびりと、、。

本年も本当にありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

高橋さとみ

 (写真は無印良品に展示されていたお菓子の家の街)


平成二十四年 師走 十七日(月) 一週間後はクリスマス・イヴ
いつのまにか、もうクリスマス間近。。

24日(祝・月)クリスマス・イヴの夜は急遽、
チェコ料理のお店だあしゑんか 」で
アコーディオンを弾かせていただくことに
なりました。

クリスマスには海外ではよく七面鳥が食べられる
ように、日本ではチキンが食べられるように、
チェコでは鯉のフライが食べられるようです。先日初めてその「鯉」をいただいたのですが、おいしかった〜〜〜〜!
意外にもクセはなく、すごくおいしい白身魚のフライで。初恋ならぬ初鯉は添えられたソースまでとってもおいしかった!
食用なので池の鯉とは当然違うのね〜
昔のおばあちゃん家の池の色とりどりの鯉を思い出してしまった。

イヴの日にいらっしゃられたお客さまには、
ささやかながらわたしの型染めのクリスマスカードをプレゼントさせていただきます。
(すみません。仕上がりに納得がいかなかったため、切り絵葉書に変更となりました。)


平成二十四年 師走 十五日(土) 突然の贈り物
「ピンポーン」

「サッポロさんからお届けものです〜」

?????

何やら可愛らしいクリスマスツリーBOXが。

わわ、麦酒だー!!
(正確には発泡酒だけど)

そういや付いていた券を出した気もする。わーい、うれしいな。限定醸造の麦とホップの赤でした。麦とホップの黒が好きなんですが、比べてみようっと!


平成二十四年 師走 十四日(金)  
先週はJuggling Donuts Live-LeMemberを観に京都へ。そして実家へ。とんぼ返り。アコーディオンも持たずに身軽で帰ったのは楽器生活始まって以来のことかもしれない。
合間に渡月橋や祇王寺へ行ってきました。清盛、祇王、仏御前の関係性が垣間みられて面白かった。
京都は寒すぎて寒すぎて。でもやっぱりいいなぁ。
渡月橋
亀山上皇「くまなきの月に渡るに似る」
(月が移動していく様子がまるで橋を渡るようだ)


平成二十四年 師走 九日(日)  鯛湯豆腐
外はちらりと雪。凍えそうな身体を温めてくれました。
後のお雑炊もおいしかったです。
メニューがひとつだけなのもなんだかいいものです。


平成二十四年 師走 四日  赤か白か・・!?
先日、好みのクリスマスツリーを発見!!

ツリーは電飾系のものが多いけど、キラキラ系はあまり魅かれないんだ〜。
100万ドルの夜景、的な感じにも魅かれない。。。なんでだろ。

このツリーの飾りは、アンティーク時計とか、お皿とか、鏡とか、コップとか色々なものがぶらさがっていました。色もきれいで、まわりにふわっと雰囲気がありました。

色といえば、銀座アップルのりんごがクリスマスバージョンなのか赤りんごになっていたので、めずらしいな、と携帯のカメラで撮ってみると、目には赤く見えるのに写真に撮るといつもの白りんごになりました。
う〜〜〜ん、不思議。
きっとそれも計算されているんだろうな。ちゃんとしたカメラでも白に映るのかな?


平成二十四年 師走 二日  蜜柑days
身体が蜜柑で出来ているのではないかと思われる母からの荷物は、そのほとんどが蜜柑でした。

昔は驚いたけれど、、、今は普通のこととなりました。母からしたら最高の贈り物なのかもしれない。

箱の中の蜜柑を日々移動させ、空気の循環を良くさせることが腐らせないコツだそうです。
ハイ、腐らせないようにがんばっていただきます。。

蜜柑星人の娘は、普段蜜柑は食べないけれど、ポンジュースは好きであります。冬でもホットポンジュースにして飲みます。

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり
2012_1 2012-2 2012_3 2012_4
)
2007-1 2007-2 2007-3
2006
HOME