平成二十五年 (2013) 癸巳(みずのとみ) 


平成二十五年  弥生 24日 (日)  ちくちくと増殖しました
メインでなく、ちょっとしたサブの袋物として愛用している赤い三角袋。

昨年京都で、舞妓さんに人気なのよー!と祇園でお勧めされた三角袋、作ってみると本当に便利。あまりに便利なので、また作ってみました。反物の端切れで。

今度は愛用の赤と同じ柄の黄色と、生地が足りなかったためサイズ小さめになってしまった黒と。
ちょっと派手目ですが。。
荷物が2つ以上あると忘れやすいわたしには、この派手さも重要ポイントなのです。。
和洋関係なく使っています。


平成二十五年  弥生 14日 (木) バンドゥ−ラ
なんて愛おしそうに楽器を抱くのでしょう。

パソコンの調子が悪く、写真がなかなか読み取れず少し前の話になりますが、バンドゥ−ラという楽器を初めて見ました。聴きました。ウクライナの楽器だそうです。

今まで、ひとりでメロディと伴奏を兼ね同時に弾ける楽器はピアノとアコーディオンだけだと思っていましたが、このバンドゥーラも仲間だと知りました。
←演奏写真
左手は長弦でコードを弾き、右手はたくさんの弦でメロディーをつまびきます。弦は67本あるそうです。

お気に入りの上の写真は、演奏を終えたあとに必ず、全ての弦をきっちり止めるために腕を伸ばし身体で弦をおさえる姿です。そのときの優しい表情が素敵で、演奏終わりごとにその一瞬を撮りたくてドキドキしていました。楽器をとても愛おしんでいて、一曲ごとに感謝を語りかけているようでした。

肝心の音なのですが、、、、カテリーナさんの歌声が天使のようなまるで教会に居るかのような澄んだ美しい声だったので、歌声の印象ばかりで楽器の音色は忘れてしまったのですが、、、、。アヴェマリアの歌声がそれはそれは素晴らしかったです。


平成二十五年  弥生 10日(日) i D
すっかり花粉に負けてしまった。
しかし、マスクを付けて、シルク・エロワーズのiD(アイディー)を観に行きました。

始まる前にまずは腹ごしらえ、会場内で麦酒&万世のカツサンド「勝三度」をいただく。こういうネーミング、なんだかすき。

シルクドゥソレイユ出身者が・・という宣伝で観に行ったのですが、また全然別物でした。最初は音楽と雰囲気が好みでなく、、、、アメリカンギャングっぽいというかヒップホップ系な衣裳に雰囲気にブレイクダンス、映像も地下の倉庫のような、、、、とすごいのかもしれないけれど好みでないかも、と。音楽もそんな感じでピポピポと電子音リズムがんがん。バックの映像もチカチカ。電気電気した感じ。
しかし、徐々に魅せられていきました。くねくね娘さんが素晴らしかった。雑疑団的なゆったりくねくねでなく、リズミカルに美しくくねくね。体型も少女止まりしたような肢体ではなく立派に女性的で手足も長くそれがさらによかった。ブラックホールのようなところに吸い込まれて行きました。バウンスジャグラーくんもV字の板でしたり、寝転がって頭の上の板にあててひとりでジャグリングしたり見た事のない技もしていました。成功率高いし、ちょこっと失敗してもわかりにくい演出&背景のマッピングに。ジャグリングの見せ所の時間も結構とっていてくれて嬉し。

舞台背景のプロジェクションマッピングは、最初はちかちかと気になっていましたが、最後のトランポリンを使ったトランポウォールのマッピングとその後ろの箱のような舞台装置と演技が素晴らしかった。小さな穴に人が出たり入ったり。入り口は閉じられたり新たに開いたり。人も扉も本物も偽物もごちゃ混ぜに。観ている方はただただ圧巻。素早く変わる動くそれら全て計算し尽くされているのに一分の狂いもないスピーディな演技。。。

一見簡素な箱や壁のように見えるセットがプロジェクションマッピングによっていろいろなものに。。。今後こんな演出もどんどん増えてくるんだろうなぁ。

やっぱりサーカスたのしいな〜〜


平成二十五年  弥生 4日(木) バイク猫
先月の寒い日、ベランダから見える近くの家のバイクの座席に猫がお昼寝していました。

そして、本日はその日以来、再びバイクに乗っておりました。
本日は、奥からひとつ手前のバイクのシートに。本日も後ろ向き。

バイクに後ろ向きに乗るなんて、なんてスリリングなネコちゃん!


平成二十五年  弥生 4日(木) 聡介のれん
染めの小道でいくつか撮った写真が消えてしまいました。

あーあ。。。

お店のママさんともダブル着物で暖簾くぐりも撮ったのにな。

この次は、シンプル目な自宅用暖簾を作ろうと思います。


平成二十五年  如月 21日(木) アンジェリカに夢中
いよいよ明日から3日間、染めの小道 が開催されます。
中井駅前のアンジェリカさんに 聡介-Sousuke の初暖簾が掲げられます。

アンジェリカさんは小さなお店ですが、話していると奥から何でも出てくる
ドラえもんのポケットのようなお店です。
面白い店主さんに魅かれたからなのか?このような暖簾になりました。
詳細は後日。


平成二十五年  如月 15日(金) サマンサ&ダーリン
毎朝、奥様は魔女が放映されてる〜〜〜〜!!!
テレビ東京で。
わぁわぁ、これはもう見るしかない!
探偵ナイトスクープと奥様は魔女は必須でしょう。


平成二十五年  立春 (月) 昼下がりのアコーディオンCafe
節分の日の昨日、田中優子さんのコミュニティ・サロン、ゲストにお招きいただきました。

田中優子さんのお人柄により、集まってくださった方も多種多様。それぞれその道のプロフェッショナルな方ばかり。

演奏後はMasuo亭のきりたんぽのコースをいただきながら、お話が尽きる事なくとても有意義な時間を過ごさせていただきました。

行きたいお店ができたり、買ってみたいお酒ができたり、行きたいラブができたり。わたしはtwitterやfacebookをしないので情報量ががぜん少ないので、直接にいろいろ知ることができたりお会いすることができることこそが宝です!

どうしてしないの?と今でもよく言われますが、、、、きっと情報量が多すぎて疲れてしまうから。今の状態でいいと思っているのです。自宅に籠って絵などを製作する時間を大切にしたいから。
今後も密やかに活動していきます、笑。


平成二十五年  如月 一日 (金) おわりはどこに?
端切れでお手玉を作りはじめたら、何処でやめたらいいのかわからなくなってきました。只今九つ。二十くらいで一旦やめようか。
通常のジャグリングボールの1/3くらいの重さにしました。そのうち大きなものや小さなものも作ってみようかな。
田中優子さんのコミュニティ・サロン。ゲストで出させていただくことになりました。要予約
昼下がりのアコーディオンカフェ
※満席となり予約締切りました。

田中さんが議員さんなので政治がらみですか?と複数の方に言われましたが、政党とは全く関わり合いはありません。依頼されたお仕事として、弾きにいくだけなのです。田中さんにも当日初めてお会いすることになりますし、精力的にがんばっている方にお会いできるのはうれしいのです。そういう事は何も考えていませんでした、、、、、。浅はかなのでしょうか・・?難しいですね。。
ともあれ、楽しい会に出来ればと思います。


平成二十五年  睦月 二十四日 (木) 職人さんはすごい!
新春歌舞伎(午前の部)を観に行きました。
演目は
お年玉〈年始ご挨拶〉 
一、寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)
二、極付 幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)
   「公平法問諍」(きんぴらほうもんあらそい)

海老さま愛之助さまが出ていらっしゃいました。華のある方です。
友人はお着物で着たのに、わたしは洋服で、、、着物特典はいただけなかった..
新春歌舞伎はそういうのがあるのですね。朝からがんばれなかった自分に反省。。
(今は部屋が散らかっていてそれどころでは・・)

帰りに銅屋さんを見つけテンションUP!そして次々にいく店が大当たり。濃厚な日々でした。
箱長→関口地銅店→手植えブラシ虎→長谷川商店→喫茶マーチ→お祭りミュージアム。
思い返せば専門店めぐりみたい。また行きたいお店ばかりです。

世田谷区議会議員の田中優子さんのコミュニティ・サロン。急ではありますがゲストで出させていただくことになりました。要予約。
昼下がりのアコーディオンカフェ


平成二十五年  睦月 二十一日 (月) 竹の皮の中は、おむすびではなく・・
籠清の地魚揚、、、、、おいしすぎました。
もうなくなってしまいましたが。。
いただいている時に小躍りしました。

そして、翌日食べてもまた踊ってしまいました。
おいしい〜〜〜!!

練り物って、見た目は同じでも味は全然違います。


平成二十五年  睦月 九日(水) 聡介 (そうすけ) 、どうなんだ !?
少しの間 (2月中旬頃まで)、、聡介(ソウスケ)氏による
そめ染め暖簾(のれん)製作日記を設けることとなりました。
怠け者の聡介氏に活を入れて作らせるためのものでもあります、、、

それでは聡介はん、がんばってください。

注) : わたくしのおっさん部門の戯れ事ですが、お気になさらずに。
 以前より切り絵部門は実は男名前にしたかったのですが、
 結局変えないままここまで来ましたので。
 今回はおっさん的絵(予定)の型染め暖簾を〈聡介〉で作ることにしました。


平成二十五年  睦月 三日(木) 「あけましておめでとうございます。」
昨年大晦日にはお節を作った後、お重箱に詰める間もなく、、急いで着物を着て
年明けの零時丁度には、蛇にちなんで?長蛇の列に参加してまいりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

高橋さとみ

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり
2013_1
2012_1 2012-2 2012_3 2012_4
)
2007-1 2007-2 2007-3
2006
HOME