平成二十六年 (2014) 甲午(きのえうま) 其ノ壱


平成二十六年  皐月 二十八日 (木)  田園に死す
先日、ガスの検査があるとのことでキッチン回りを掃除していたら、
やって来たのは電力会社の方でした。はぁ。テキトーな記憶。
電気ブレーカーは全く触らないから埃まみれでありました.

長い仕事が終わってご褒美に映画を観に行ったら、まさかの重い映画で。理不尽に主人公が突然村八分にされ、、、、もやもやもや。なんかとてもとても苦労苦労苦労して。やっと和解して元の生活に戻るも、ラストでまた誰か近い人に命を狙われかけておわった。まさか!もやもや。何も悪くないのに。。おかしいおかしい。なんてお話。もやもやの不快感が消えない!
楽しむために行ったのにもやもや。なんでなんで!!

翌日ももやもやが消えないので別の映画を観に行った.
今年は今までに無い映画年間。ひと月に3本くらい観に行ってる。ひとりでさくっと観に行くという楽しみを覚えてしまった.いつまでつづくかな?

道で将棋をする人、、、、気持ち良さそうでした.
ここは、、東京です。
寺山修司さんの映画をふと思い出しました.、


平成二十六年  皐月 二十七日(火)  髭のおじさん
アコーディオン教室のKさんより台湾のお土産をいただきました。とっても台湾通のKさん。何がいいですか?ときかれたので、例えばスーパーとか文房具屋さんにある何気ない鉛筆とかでなんだか台湾っぽいなーと感じるものーと。台湾の屋台のメニューが並んで、裏が可愛いイラストの台湾トランプがお気に入り!
しかし、髭のおじさんはインパクト大! 組み立て式で、ソーラー電池で微妙に頭が前後に頷きます。招財進賓。
う〜ん、台湾っぽいー!
いつもありがとうございます。


平成二十六年 卯月 二十一日(月)  アコーディオンアコーディオン
絵の集中が切れたので、いつものようにアコーディオンに移行。
久しぶりにフリーベースを触ってみた。そこまではよかった。
が、、、、、通常のアコーディオンのスイッチに切り替わらない。
左が、、ひだりボタンがスカスカに。。。
あああ音が出ない・・・・

フリーベーススイッチが通常モードにに戻らないだけなので、
きっと何かの簡易な不具合だろうと左側を開腹。

がが、切り替え部はたくさんのリードのある部分よりさらに奥地にあり、触ることが出来ない。故障か、、、、、

どうすることも出来ない楽器。
さらに分解するべきか、、、せめて綿棒で埃を取っていたりしているうちに左のボタンに重みが出てきた.
直ったか?繋げてみると音が出た.嬉しい!

うれしい!

ちゃんと音が出た。

直ってから、うれしくてほっとしたのか、
突然身体が熱くなって心臓がバクバクとまらなくなった。

アコーディオン大好きなんだなぁ、わたし。

でも、原因がわからなかったため、直す場所にたどり着けなかったため、フリーベーススイッチはこわくて触れないなぁ。。

全然関係ないけれど、先月のジャグリング教室のチラシにも、アコーディオンが。
顔写真が照れくさかったので、絵でもいいとのことだったので、いくつか見てもらうと、センターの方が選んだのはずいぶん昔のジャグリングだけでない絵でした。ジャグリングフェスティバル2003で使われたものはこれを変化させたもの。
はじめてボタン式アコーディオンを見た直後に作ったもの。ジャグリング教室っぽくないなぁと思ったけれど、、、センターの方が選んだのでまあいいかな。まさかの大昔の絵が日の目を見てちょっとこそばゆい気持ち。
赤いサーカスという題がついていました、へぇ〜。
これを描いた頃はアコーディオンを触ったこともなく、その後始めるなんて思ってもいなかった。


平成二十六年 弥生 十八日(火)  こうざき酒蔵まつり号へ乗って
日曜に、発酵の里・こうざき酒蔵まつりさわら号に乗って、いざ酒蔵祭りへ!
昨年から出た新宿発の2両の臨時列車、今年は5両にしたようですがそれでも満員に!
これがこれが、、とても素敵なお祭りでした。アコーディオンを弾きに行ったのですが、すっかりこの街とこのお祭りの虜になりました
どぶろくや麹・大豆などを買って、楽器の上に載せて移動してしまった。。
カメラで撮った写真はたぶん数日後に。まずは携帯写真にて。また行きたいと思うお祭りです。


平成二十六年 弥生 十三日(木)  シルク・ドゥ・ソレイユ OVO
シルク・ドゥ・ソレイユの「OVO(オーヴォ)」を観てきました。
ファシナシオンから始まって、日本公演は全て観ているので、見たい思い + 任務のような気持ちも出てきました。

とても残念に思ったイモータル以外はそれなりに楽しんでいます。チケット高いとよくいわれるけれど、その技巧は卓越しているから。ただ、有名人の応援団的宣伝になる前は数千円安かったのと、昔はSS席はわずかだったのに、今はほとんどがSS席なのにはちょっと疑問が残る。

OVOは虫蟲していました。何虫かわからないものも多かったけど、てんとう虫さん可愛かった。衣裳やメイク、ステージセットのデザインや大道具小道具類が面白かった。新たに考えられたパフォ−マンス用道具も。

衣裳や動きで、そうか人はバッタ風にもなれるのか〜と驚きました。毟特有の手先足先のけまけま衣裳も良い感じ。イモムシ君の道具が不思議でシンプルで素敵でした。入ってみたい。

ジャグリングはディアボロと足芸(フットジャグリングと書いてありました)。
ジャグリング教室のKさんOさんとも同じ公演で席も近くてびっくり!

行き帰りにお台場で、ガンダム前を通りました。初ガンダム!大きさは、右下に写真を撮る人がいるのでそこからお察しください。

帰り、フジテレビが、超安っぽい七色にライトアップされていて、、、、なんだかやりすぎ感に驚き、、、、、写真も撮らなかったけど。何故にそんな姿に・・・

そして、あのOVO(たまご)はいったい何だったんだろ〜〜!?

わたしの座席からは見えにくい場所だったけれど、音楽隊の中にボタン式アコーディオンの女の子がいました。
ヤッタ〜!


平成二十六年 弥生 七日(金)  小道ハ雨ニテ、、
今年の染めの小道 は、残念ながら雨でした.晴れたのは金曜日のみ。人の多さが予測される土日は雨でした.
お店の方もお客さまも反物を掲げる係の方も初めての雨にてんやわんや。。

写真は明治24年の時事新報(新聞)の天気予報の絵.土砂降りすぎ!!天気予報はじまりたては全国統一のイラストだったようです。

染めの小道の聡介-sohsuke-暖簾の写真撮り忘れ。。撮ったんだけど、暖簾と一緒に撮ってもらったから、まさかの(わたしが邪魔で暖簾が見えないんですけど・・)状態。後に友人に写真をいただきました。

居酒屋 田さんの田マスブログにも載っていました.居酒屋田さん、また行きたいな、

この日わたしはひーーーーっさしぶりに着物を着ました.レトロチックなイメージでめずらしく髪型も髱っぽく下髪をつきだしてみました。久しぶりに結ぶ帯は時間がかかり悪戦苦闘。

ひと月程前にアコーディオンを移動中腕をひねって痛くなっていた肩と腕が、この日から激痛に、、

先日のアコーディオン教室へは楽器無しで行ってしまいました.そして教室用の置きアコーディオンを久しぶりに触ると、蛇腹に穴があいているようで空気がスースーしておりました。穴の修繕できるかな。

それにしても腕に肩、どうしたんだぁぁ、、、なんなんだろうこの激しい疲労感。


平成二十六年 如月 二十六日(水)  カウンターのあるお店
今年も、新宿区中井のイベント・染めの小道 に「 聡介-sohsuke-」の名で参加、暖簾製作をしました。

昨年初めて暖簾を製作して以来、暖簾の魅力にはまっています。

今年は居酒屋 田さんに決まり、5連短暖簾を白めの麻生地で作りました。地染めはせず、中央にお酒を持ったお姐さん、右に徳利、左上にはお店の名〈田〉を遊びで入れてみました。
写真はアイロンがけされる姐さん。

型紙から作る型染め絵。染め方は紅型の技法を少し取り入れてます。
ミシンの調子が悪く、、、締め切り間際あせりましたが、無事納品しました。

連絡も入れず居酒屋 田さんに向かったのですが、丁度マスターがもうすぐいらっしゃるということだったのでカウンター席にてビールを飲みながら待つことにしました。

すすするとカウンター席には常連さんが。。お話ししているうちにマスターはいらっしゃってニコニコ。暖簾をお渡しし、そろそろ帰ろうとすると、常連さんからもしよかったらいただいてもらえますか?と思わぬお酒のサービスを受ける。。日本酒八海山をセレクトして戴く。そして空くと再び。その方は先に帰られ、わたしもそろそろと立ち上がると、別の方からもうひとつどうぞと。。。再々度戴くことに。
あああありがたく戴いてしまうダメなわたし。。最近、日本酒ってつくづく美味しいなーと思うようになってきております。マスターにオジサマにお姉さま(妹サマ?)、初めてお会いする方々との楽しい時間でした。

カウンターのあるお店っていいなぁ〜〜常連さんがさらりと集う感じ。マスターともお話しできるし。あ、アコーディオンを弾かせていただいている だあしゑんか もそうだなぁ。ひとりでもさくっと入って、ちょっと飲んで帰れるみたいな。
良いお店をまたひとつ見つけました.

居酒屋 田 さんに掛かる 聡介-sohsuke- の暖簾名「ちょいと一杯」
暖簾をくぐってちょいと一杯!も良し
 染めの小道 2014年 2/28(金)〜3/1(日)
  ◎ 居酒屋 田 28(金) ・1(土)は 15:00〜, 3/2(日) 12:00〜
  (平常は18:00からです)


平成二十六年 如月 十二日(水)  不可能を可能に?
寒い。
さむいさむい、暑い。厚すぎ。

寒すぎて日々厚着になってゆく。太ってはいないから密かにたくさん着てもバレないといえど、さすがに着膨れすぎだ。丸々と。

錯覚美術館の不可能モーション「なんでも吸引4方向すべり台」(立体設計:杉原厚吉)を作ってみた.なかなか楽しい。滑り台下4方向からビー玉を転がすと中央に集まる。実は中央が一番低いのだ。自宅にビー玉はなかったので紙テ−プのロールを転がしてみた.吸い込まれるように高台へ転がる様を動画でお見せできないのが残念!


平成二十六年 如月 八日(土)  雪
小さなしっかりとしたお菓子の粒のような雪。
ふわっふわではなく、みぞれの様でもなく、コロコロしている。
砂糖菓子のようにしっかりと白い。
一日中降り注いでいる。
ベランダの植物が重そうにしている。
ベランダから見えるバイクや自転車はまるで白い妖怪。

住んでいる地でこんなにたくさん積もった雪を見たことがない。
生まれてから今までで一番沢山積もった雪かも。。
まさかの東京で。

今日は一日家に籠る。
明日は都知事選挙だ。


平成二十六年 睦月 三十日(木)  京都のお買い物
今回はお土産屋さん的雰囲気のお店には寄りませんでした。少し見慣れてきたのかな?老舗だけに。

食べ物は松本酒造の桃の滴(日本酒)、原了郭の黒七味とカレー粉&お世話になっている西利さんのお漬け物たくさん。千枚漬けとあっさり大根が特に好き。現地で食べられるお漬け物寿司も好き、

えべっさんの頃に着物屋さんが出す端切れも少し購入。まだえべっさん前だったけれど、準備中に少し分けていただきました.手前の黒い生地で三角袋を作り中。三角袋は本当に便利!

お買い物メインは柘植の簪。
お店の方との会話で、着物にTPOがあるように簪にもあると学ばせていただきました.全く知りませんでした.柘植はGパン的なカジュアルラインだそうです。青海波だと、浴衣や真夏の普段着にしか使えないみたい。こんなに素敵細工なのに〜!!!

ちなみに、浅草で昨年末見たものの半額くらい。購入したお店がではなく、いくつかみたお店全て。京都は櫛屋さんが多く、競争もあるのかもしれません。需要と供給だなぁ、小さな世界だし。取り出してはうっとり。眺めているだけで嬉しくなります.夏までに付ける練習をしよう。私の描く着物のお姐さんが先に付けるかもしれません。

本日は旧暦の元日。この1月は個展、個展の後仕事、さらに個展ボケがおきていたのであまり事が進まず。今日から新年だと思い直して始めよう。。

まずは2月末のイベント染めの小道聡介-sohsuke-の名で暖簾を出展します。
今から染めまーす!


平成二十六年 睦月 三十日(木)  切り絵と型染絵  〜紙とその向こう〜
高橋さとみ個展 切り絵と型染絵〜紙とその向こう〜、無事終了いたしました.遅ればせながら、あらためてお越しいただきました皆さま・お力添えをくださった方々、楽しくひと時を過ごしてくださった皆さまに感謝いたします。
遠くから足を運んできてくださったこと、時間を使ってくださったこと、とても嬉しく思います。

西利では5回目になります今回の展示は、広いスペースは切り紙の間とし切り絵と型染めを、小スペースには主にテンペラ画を置きました。奥には暖簾を5枚置きました.テンペラ画は銅版画が間に合わなかったための緊急出しものではありましたが、意外と反応良く驚きでした.webの左のコンテンツのところにEgg galleryとあるのはそのうちにテンペラ画を置きたいとと思っていたためです。

うまく言えないのですが私の場合、切り絵と型染めは身体の表面というか陽の部分で描き、銅版画とテンペラ画は全くをもってインナーワールドで陰の部分で、脳とココロと、主に活用している部分が違うように思います。

私のガラケ−では撮れないのですが、下記のようにパノラマでも撮っていただきました。これは記録としてわかりやすいです。最近はすごいですね〜。昨年暮れからテレビ無し生活なのですが、意外と不自由なく、時間が増えました.
CDとラジオと新聞とたまにインターネット、十分かな。昭和な感じ。
ゆっくりと。


平成二十六年 睦月 九日(木)  2014年、平成26年。
あけましておめでとうございます。

京都祇園での個展、無事終了いたしました。
ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった皆さま
ありがとうございました。

今回はこれからのこと、少し考えさせられる展示となりました。
やはり自分の描きたい絵を描こう。最近はまわりに合わせようとしていたかな。時間が足りないな〜〜
2
年に1度させていただいている西利個展も、もう5度目。
いつのまにか京都へ来ると懐かしい気持ちになります。
色々な方との出会いや再会あり、有意義な2週間となりました。

少し実家で休んで、戻ったら個展の後仕事。
年末にできなかった大掃除も。
その後新たにまた進みはじめたいと思います。

本年も どうぞよろしくお願い申し上げます。

 平成二十六年 一月九日    高橋さとみ

アコーディオンを弾く直前に伏見のお酒(日本酒)差し入れに喜ぶわたし、、
搬出前にM様が写真を持ってきてくださいました。
うれしそうにお酒をいただいております、、、、お恥ずかしや、、

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり
2014_1
2013_1 2013_2 2013-3
2012_1 2012-2 2012_3 2012_4
)
2007-1 2007-2 2007-3
2006
HOME