平成二十七年 (2015) 乙未(きのとひつじ) 其ノ壱

平成二十七年  卯月 14日 (火) 2
昨日なかなか治らないと書いたのに、、、
本日は治りそうな気持ちになっています。
本日格段に進歩しました。

ただ、楽器を触っていく上で、ガクンと大きなダメージを受ける時があって、それで後退しなければ大丈夫かもしれない。

今回いろいろなことを考えさせられて、
結果的にこの劣化もよかったとさえ思えるようになってきました。

これからはもっと音を楽しもう.
絵を描こう。

本日初めてミニトランポリンで跳びました.
楽しいな。


平成二十七年  卯月 14日 (火) 体幹
懐かしや、、、もう10何年か前に行ったグアテマラの写真。男の人も女の人も、荷物は基本頭の上で運んでいた.
身体から物が離れるほど重さを感じるから、随分と効率のよい軽く感じられる持ち方だ。

彼らは体幹が真っ直ぐにとれているから荷物をバランスよく運べるらしい。日本人は前傾がち。そしてわたしも例に漏れず。。。

左上半身筋肉がやられたのも、そもそも首の前傾や疲れのため血流を悪くしていたことも要因のひとつだ。もうすこし首をきちんと乗せられるように気を付けよう.

でも難しいな。。机に向かうと基本前傾姿勢だし・・・


平成二十七年  卯月 13日 (月)  
仕上がらない身体・・

〈わりと動く〉状態から 〈ちゃんと動く〉状態への道のりは遠いな。

完全に治って演奏を・・と思っていたけれど、
それを目指すと、この先いつになるかわからない。

〈現状で弾く。現状を少しずつ引き上げながら弾く.
 身体はダメでも、演奏は以前よりも良いものにする!〉

違った方向からのカバーの仕方もあるはずだ。
ダメな演奏は決して身体のせいにしてはいけない。


平成二十七年  弥生 30 (金)  アコーディオン祭り
最近のわたしは少しオカシイ。
病気じゃないかと思うくらいアコーディオンが大好き。
一時期左手が左にいかなくなってからの熱量は異常。。

例えば、階段から転げ落ちそうになって、
「あっ楽器が危ないーーー」
って守るために下敷きになって楽器は無事で自分倒れるみたいな。。
そして、よかったー!と思えるような。

たぶん、もうすぐわたしの身体は蛇腹になると思う。
うん、本当にそう思う。


平成二十七年  弥生 27 (金)  マダムとアコーディオン
家の近くの洋服屋さんの おばちゃん マダム はいつから演奏を再開できるのかと何度も聞いてくださっていて。わたしも身体の調子のいいときと、よくない時で返答もまちまちで曖昧で。先日調子のいい日に、5月くらいから弾けたらいいなぁ、なんて言っちゃって。

するとマダムは早速5月に大人数で予約を入れてくださった.しかも、木曜は皆で集まれないからサトちゃんのアコーディオン付きという勝手な条件付きで金曜の予約を入れた.で、お店もその日をアコーディオン演奏日にしてくださって。そしてそれにより急展開で、、、、、、5月からの演奏復帰に向けて身体と腕を整えていくこととなりました。

が、定番の第2・第4木曜日となると、マダム予約の日と連続してしまうので、、、5月の第2木曜は無しになり、繰り上がって4月の第4木曜日からの演奏復帰となりました.

ああ、本当に急展開!!4月演奏に向けて身体を整えてまいりたいと思います。

あれほどダメダメだった身体の左上半身は、2月終わりから3月にかけて急上昇で良好になってまいりました。あと少し.あとひと月できちんと治して、練習不足も解消しなくちゃ.
弾けなかった分、、よりいっそうアコーディオンを愛おしく思います。昨夜は楽器無しで
だあしゑんか へ寄ったのですが、やっぱりよいお店だぁ〜飲み過ぎてしまいました.。。

4月5月の演奏は4/23(木),5月は15(金),28(木)
その後はほぼ第2・第4木曜になると思います。
 四ッ谷三丁目 チェコ料理
だあしゑんか

また弾けるってうれしいな〜
いやいや、、、その前に身体を整えないと。。
そして、二度と繰り返さないようにしないとね。


平成二十七年  弥生 16 (月)  2015 染めの小道 完結編
川のギャラリー
道のギャラリー 開いてる? サイクルショップいしいさん にて
地毛で日本髪を結われていた方.
とても小さな方で、わたしの目線で髪が丸見え見え。

ひとりでこの襟元の後ろ姿にテンションあがりましたが、、、、
まわりが普通なので、、、抑え気味に。。。
もっと観ていたかった!

髪型はたぶん
〈割れしのぶ〉。
舞妓さんなどで現代にも比較的多く結われている髪型です。前側には朱に塗られた柘植の櫛が。素敵!!

この襟足にくらくら。艶っぽいなぁ。


平成二十七年  弥生 12 (木)  2015 染めの小道 暖簾
今年は着物は着られない状態ではありましたが、染めの小道に行ってきました.川の反物も恒例の暖簾くぐり写真も撮ったのですが、、、データがパソコンに入らず、、。地毛で日本髪を結われている方に感激してお写真も撮らせていただいたのですが、、、、

結局、友人にいただいた写真にて。ありがとうございます。

初めて藍で染めてみました.3連長暖簾です。120cm位。あまり頭も左肩腕手が動かない時期ではがんばったかな。担当が自転車屋さんだったので、お姐さんをレトロ自転車に乗せてみました.着物がはだけるのが気にならないよう前掛けを付けました。型染めですが、カラフルな色の部分は紅型の技法です。

はじめ引き染めの藍の液の作り方がわからず、薄い物をかなり何度も重ねてしまい少し滲んでしまいましたが、暖簾になると思う程気にならなかった。
藍の色は気どりなくほっとします。素材は麻を使用。暖簾はこれで6作目。定期的に作っていきたいです。次は大胆な柄もいいな。


平成二十七年  如月 24日 (火)  動き始める
左側の動かない筋肉を、2週間に1度動くように解してもらいにいっている。それでもずっと呼応せずに。前も後ろも筋肉が縮みきっていてびくともしない。自分の身体なのに自分で動かせない。解そうとしてくださるのも力技だし、わたしも痛みを伴う。

その主犯格らしい筋肉が今月半ばにピクッと初めて動いた.

その後、またちょこっと動いた.

2週間に1度のペースを週1に縮めてみた.

わわわ。。。少しずつ動き始めた。まだ動かせる復帰できる力が自分にあったことが嬉しい!弱気な時はこのまま固まってしまうのかもと思うこともあった。

今日は久しぶりにアコーディオンを持ってみた.
腕が通せた.弾く前のかまえの体勢がとれた!
楽器に腕が通らなくなったのは昨年の9月半ば頃だから、半年弱ぶりだ.
(秋は少しは弾いていたけれど、最初はボキッと無理矢理折るように腕を通していたし、後半はそれも無理なのでアコーディオンベルトをゆるゆるにしていました。)

嬉しい。
小さなことでも、前に進めるって嬉しいな。

今日のセンセイの言葉
「身体は小宇宙。人はみんな宇宙人だよ。」


平成二十七年  如月 21日 (土)  左、左。
 首はまだ、小さなかばんの紐も乗せられない。
 肩、随分動くようになって来た。できないことも多いけど。
胸は張れない。可動域でもごりごりポキポキと骨の音はまだ消えない。
 腕、左側への違和感は消えず。でも少しずつ力は増えてきている.少しずつだけれど。まだ微力。少しだけならお皿位なら左でも持てるようになってきた。先日人前で銅版画のプレス機を回すときに回せなかったらどうしようとドキドキした、小さな板だったし右手でカバーできた。ホッとしました..出来ることを増やしていこう。
 肘、肘はとてもかたくなに左に行きたがらず、力が何も入らずびくともしなかった。少し前にぴくりと動かせるようになった。と思ったら、その後さらに少し先へ動かせるようになった。アコーディオンの蛇腹を動かすにはこの力はとても重要なのですごく嬉しかった.
 手先は朝方にはバネ指の傾向が見られるが、お昼頃には普通になってる。
 全身の嫌悪感というか、全身を常に押さえつけられているような小さな箱に押し込められているような窮屈感は随分と和らいできた.腕を頭上に伸ばせるようになったので、開放できるようになったのかもしれない。

 歯。全然関係ないけれど、左上の親不知、虫歯になったので抜きました.一瞬で抜けた。歯医者さんすごい。長年お世話になりました.これで何かが変わるといいな。

 少し無理をしたからオカシクなったのではなく、そうなるには長年の積み重ねもあると思うので、治るにも時間は必要だと思う。でも、、、、ゆっくり急げの心境。身体を正すことばかりに思いが行くから。他のこと何ごとにも思いが入りづらい。ゆっくりと丁寧に、でも急ぎたい、意欲のあるうちに。。色々なことをあきらめはじめている気持ちがすごく怖い.治ると戻ると良いけれど・・

ありがとう親不知、左様ならば


平成二十七年  如月 10日 (火)  メモ
叔母「見て、この子の手。大きくなったらピアニストになるわ」
父 「いや、この立派な肩をごらん。きっと良いアコーディオニストになる!」
叔母「ピアニストよ!」
父 「アコーディオニストだっ!」
叔母「いやよ、肉体労働者なんて!」

母「この子が決めることよ。」

フランス映画「ぼくを探しに」の台詞より 

  ーーーーー

そうか、、、、、たしかにある意味肉体労働者かも。
立派な肩でなかったのが悔やまれる。。


平成二十七年  如月 7日 (土)  譲葉(ゆずりは)の木の中で
梅。梅は近くで見るときれいなお花だ。
わたしは大輪よりもそういう方が好き。

小山田二郎展を観た帰り、府中の森公園にて。
少し変わった葉を付けた木はなんだろうと近づくと、
1本の木の中で2匹のクマが遊んでいた.

「見つかっちゃった」
「あ”〜」
かくれんぼ鬼はわたしでしたか。


平成二十七年  立春 (水)  ○ 満月
鬼は外福は内

昨夜は、本当の年の数の炒り豆をいただきました。無病息災を願って。結構多いことに驚きです。。

その後の体調は、早く楽器が弾きたくて少しでも触ると、地獄のような厳しい身体に逆戻りして1〜2週間大変な状態になってしまうので、当面は楽器を弾くことを忘れて暮そうと思います。何度か繰り返してしまってますが今度こそ触らずにいよう。
未だ楽器を抱える基本のカタチすらとれないのですから、無理はいけません。身体が出来上がってからにしよう。
「早く治したい」を改め、「時間がかかってもいいからきちんと治そう」に気持ち切り替えました.

演奏させていただいていた だあしゑんか には突然弾けなくなり大変ご迷惑をおかけしました。
そして、、、こんなときにかぎって東京や大阪で演奏の声をかけていただき、、、、涙涙。。絶対治します。

まずは自分の身体を自分できちんと動かせるように。上手く使えるように。
楽器はその上でのこと。
オカシクなってから思うことは、今後は以前よりうまく身体を使えるようになりたいと。折角オカシクなって考える機ができたので、今後は力の使い方・力の抜き方、普段の生活から柔らかに自然に、身のこなしから変えてゆけたらと思います。

無地の麻の反物を買いました.一反買いは初めてです。
今年も暖簾を染めます、作ります。
染めの小道に参加します。

遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

高橋さとみ

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり
2015_1
2014_1 2014_2 2014_3
2013_1 2013_2 2013-3
2012_1 2012-2 2012_3 2012_4
)
2007-1 2007-2 2007-3
2006
HOME