・5月21日(月)  我がマトちゃんはどの娘?

 

マトリョミン演奏会にて、アコーディオンでワルツを一曲マトリョミンな女の子達と一緒に演奏することとなりました。楽しみ。ちょっと乙女な気分。

マトリョミンとは、外観がマトリョーシカの形をした小さなテルミン、とっても可愛らしいのです。そしてわたしはまだ入手困難だった2年位前から何故だか持っておるのです。(昔ココでも写真のせたっけ。)

チェコの人によると、チェコではこどもはみんなマトリョーシカ持ってるよ〜という。もちろんロシアからやってきたみたいだけど、本を見るとチェコのマトリョーシカは色とりどりアートでお洒落〜

古典的ロシアンタイプのマトリョミンです。
よく見ると微妙にみな違っています。
さて、わたしのマトちゃん何処にいるかな?
ちょっとおデブちゃんらしいです。
手をかざすとウィンウィ〜ンと音(声?)
が出ます。

・5月18日(金) カフェテラス ラベンダー
もう5年前の今頃になるだろうか。
知人のM氏から電話があった。「カフェで絵を展示しないかと誘われたんだけど、僕のは大きな絵やからなぁ。さとみちゃんこの近くに住んでるんじゃなかったっけ?夏にひと月ほど展示してみるきない?」それが兵庫県西宮市のカフェテラスラベンダーからの電話でした。わたしは当時阪神大震災で震度7を受け半壊した家から引っ越した住まいにおりました。突然呼び出され、近くだったので出向いてお受けしたラベンダーの展示、これが
後ほどの私の原点のひとつになる。

ひと月の展示のうち在廊したのは3日ほど。恥ずかしくって滞在するのは苦手である。そのうちの1日、ひとりで珈琲を飲みにきた初老の紳士がいらっしゃって、「おもしろい絵やなぁ〜」と言ってくださる。その人も絵を描くらしいのだが、写実派タイプなので、空想できることを褒めてくださったのだ。下手やのにね。。そして、その方が、珈琲1杯飲んでから、今から昔の高校の同級生と飲みに行くんだけど、葉書もらっていってもいい?といってわたしの銅版画で描いた案内状の葉書を1枚もって出た。

そこからが急なのである。
その初老の紳士の同級生がラジオ大阪の方であったのだ。葉書を見た数日後連絡が入り、突然カルチャースクールの表紙絵に採用されるようになる。そして銅版画の教室をしないかとの話をいただくが、薬品等を使用することを話すと話しは消える。
担当のお姉さんと親しくなるうち、新教室のアイディアをきかれた際、ジャグリング教室はどう?ジャグラーはたくさん知ってるので紹介できますよと言っていたら、webでジャグリングに関することを調べていたらわたしの名前が出てきたらしく頼み込まれ、困惑しつつもいつのまにかわたしがジャグリングの教室の先生になってた・・・その後、東京に来ることになった時は、大阪でしているジャグリング教室を東京でもしてほしいと言われる。ジャグリング教室がしばらく続くようになってくると、本当は切り絵や銅版画をする人だったのですねと、絵の教室も入るようになる。
なんだかお教室街道まっしぐら〜(笑)
詳しく話せばもっと様々な偶然やなんかがまだまだあるのだけれど。
その原点がカフェテラスラベンダーでの展示である。

この5月を最後に閉じてしまうようだ。なんだか寂しい。
髭のマスターは元気かな?水出し珈琲がおいしいお店でした。近々連絡してみよう。
マスターお疲れさま


美しい水出し珈琲器と髭のマスター。→外にはテラスもありました。

まだ展示慣れしていないわたしは、ガラス額でもあったこともあり、家からたくさんの絵をキャリーに積み両脇に抱え電車で運んだのです。重かった。

アコーディオンを習いたての頃、東京から1度弾きに行ったこともあったなぁ。ラベンダーばんざい。
人との偶然の出会いやその後の関わりにより今ココに居ります。感謝です。

・5月14日(月) 疲れがとれん。
ああ、なんだか日々疲れております。こんなんではイカンとです。
弱々しく見えてたくましい、つもりのわたしが日々本当にヨレヨレです。いけませんな。
昨日、煉獄ライブ「ブリキ老兵団逃亡2+ミノスの黒い壺序章」終了いたしました。音楽を中心に+パフォーマンス+演劇の融合なのです。今書いているその傍からもう余力がありません。
今回のメンバーでのパチリ。
演奏中の写真は薄暗くって、ボケボケであまりないのです。
今回初登場は、カホンのジョンソンさん。カリンバ奏者HIRIYUKI氏が写真で手にしているのはなんとお手製「耳かきカリンバ」です。
終わった後、もっと飲みたかったのですが、なにしろ国分寺は遠いっす。。終電タイムが早いのでしぶしぶ退散。
最近時々着物を着ていると、着物って高くつくでしょう?ってよくいわれるのですが、どうなんでしょう?そうでもないきもします。ちなみに、昨日のライブのこの着物→、3000円台で買いました。
お気に入りを見つけるのは大変ですけどね。

しばらく部屋に籠って絵を描いて力蓄えますワっ。

ライブも楽しかったけど、自分の演奏反省しきり。アコーディオンをこのまま弾いてもいいのか考える日々。必要最低限しかめっきりアコを触らなくなってしまった。アコが絵のエネルギーになっていたのに、ここのところアコが絵の邪魔をするようになってしまった。
絵に専念した方がよいのだろうかととかも考えるこのごろ・・
少し休もう・・

・5月11日(金) 五十肩は動いて治すぞ〜
ああ、わたしの五十肩は治るのでしょうか・・・昨年8月に発症して、右腕があがらなくなって以来、ゆ〜〜〜〜〜〜〜〜っくりと時間をかけて、随分マシになって可動範囲も広がったのですが。上には上がるようになりましたが、横と後ろはまだまだです。日常生活は大丈夫なのですが、アコーディオンを弾く際に今だにとても困難です。ジャグリンも多少出来ない動きがあります。
こんなに長引くとは思わなかった。。
整骨院に通っていましたが、最近いっこうによくならないので、一昨日を最後に通っていたところはやめることにしました。だって、「3ヶ月で治す」って当初言っていたのに進歩がないと「なんにもしないでいると治るのに3年かかるんだよ」に言葉が変わるんだもん。でも整骨に行くと疲れが多少取れました。ありがとうございました。
今後は自ら運動して治そう!

どこがおかしいのか、鏡の前で分析してみる。発症の右の腕を横に広げると、肩の骨ごと上に上がるのだ。
発症当時は上げることも出来なかったことを思うと進歩なのだけれど、この状態になってずいぶんと経つ。

アコーディオンを弾く際、腕を広げるので右肩が上がる。右はもちろん大変だけど、逆に左腕負担がかかりすぎて、左肩左手の疲れが尋常ではないのだ。左に発症しないようにしなければいけない。アコーディオンの肩紐もズレやすくすぐに落ちてくる。
いつ治るんやろか〜もう腕と肩の骨は固まってしまったんやろか〜
健康って大切。。

完治への目標は、もはや今年中にまで延びました・・・治ればいいのです。ゆっくり前に進みましょっ!

今のワタシの身体→

右肩が右腕とセットになって固まって上がるの図

ひどい絵ですなぁ

・5月9日(水) 月謝袋
おかしなもので、こんなに人さまに物事を教えるのが向いていない性格の者はなかなかいないと思うのだけれど、なんだかいろいろな教室を持ってしまっている現状です。。
へなちょこ先生は必死です。わかりやすく説明することは自分にも勉強になるし、わたし自身も前に進まねばなりません。来てくださっている方々、本当にありがとう。

アコーディオン教室だけ、大手カルチャーではないので、直接お月謝をいただくことになるので、月謝袋を作ってみました。
消しゴム版画の第二作目でっす。

・5月5日(土) カーネルくんなのかい?
大阪です。
実家の駅に着いて、ショックをうけました。
こんなケンタッキーはいやだ〜〜
写真撮ってる人他にもいたけどね。。。
今回はアコーディオンもジャグリングボールも持ってきておらず、、ひまでひまで、新聞紙で兜折って被りました。

・4月26日(木) 個展、会期延長決定!!
好評につき?かどうかはわからないけれどギャラリーanoでの展示が、会期延長されることとなりました。
5月9日(水)迄です。連休も明けて一段落つくころまでとなります。

わたしの銅版画だけでなく、手作りのアンティーク風テディベアや、常設展として、シュヴァンクマイエル等のチェコアニメDVDやチェコ関連の本や絵本・おもちゃ等、展示販売しております。
わたしは会場に居ないことの方が多いですが、ご感想やメッセージを残してくださると嬉しいです。(度々遊びに寄っています。)

1 4
2 3
1:チェコグッズの陳列されてある棚。
2:チェコ絵本オテサーネク「おまえもたべてやる〜」とチェコAtoZ
3:先週土曜は祖母の紬を着てギャラリーに居りました。
4:チェコスロヴァキアのアンティークテディベア復刻版(ワタクシノ手作リデス)

わたしもチェコグッズ、何を買おうか考え中〜〜素敵なんス!

・4月15日(日) 旧岩崎邸庭園
母と旧岩崎邸へ。和洋入り交じり、このころのモダンな建物は本当に素晴らしい!!近くにこんなに素敵なところがあったとは・・
コンドルさんのすばらしい美的感覚にうっとり。
母もマダム気分で、わたしもお嬢様気分で〜

夕方よりカフェano&ギャラリーanoへ。入り口でパチリ。
写真の右上、右下、左下の看板に、渋谷からの途中の曲がり角にある看板も描いています。

夜は、突然個展会場に現れてくださったミスサリバンさんと4人でお話。彼女がいると場が華やぐ。(ジャグラー界ではとても有名な方です)華は努力して作れるものではなく生きざまから滲み出て来るものだと思うので、すごいなぁと思います。そしていつもパワフル。女性でコレだけがんばっている人がいると言うのは、わたしも励みになります。

逆に、この人すばらしい技術の持ち主なのに、華がないんだなぁ、おしいなぁって人も結構いるな・・
自分のことは置いておいてなんだけどね。自分は何にもないなぁ・・技術は磨きたいけどいろいろなことをしすぎるあまりに?(言い訳だ・・)すべてイマイチ。
気合いとやる気だけでがんばってきたけど、最近体力ないんだなぁ〜。

・4月14日(土) 個展初日&煉獄ライブ終了〜
慌ただしい週末でした。
無事煉獄サアカス〜ブリキ老兵団逃亡〜を終えることができました。

今回個展初日の日にあたり、練習にもあまり参加出来ずで反省も多々ありますが、楽しく終えることができました。皆さまありがとうございます。

まちるだパンダさんにオーソレミオを合わせていただうれしかったです。へっぽこ音に合わせていただいて、、、かだじけない〜

今回はピンクの銘仙着用です。
時間と場所がなかったことから、朝搬入(朝搬入ってびっくり〜)を済ませ、その後ギャラリーで着替え、目立つ格好で電車乗りまひた。。いや〜度胸つきますワ

個展の話しはまた今度〜

写真を撮っていただいたmosuさま、お着物かっちょよかったです。参加メンバーの集合写真、kaoriちゃんより拝借いたしました。

皆飲み助です。
終わったとたん(中休みあたりから?)ビール片手ですな、、

・3月27日(火)うま旨2種
最近食べたおいしかったもの。
平家納豆と、麦焼酎「十二萬七千七百五十」

普段は麦焼酎よりも芋焼酎や黒糖の方が好きですが、麦はおいしいものは他のものより好きです。
おいしかった〜

平家納豆はたくさん賞をもらってるので買ってみた本当においしかった。

只今のところの個展予定

4月中(2〜3週間)
カフェano2Fのギャラリーオープンに伴い銅版画展を予定(昨夜決定・・)
場所/東京都渋谷区 カフェano2F 新設「ギャラリーano」

12月末〜1月(2週間)
銅版画・切り絵展(広すぎてどうしよ〜)
場所/京都市東山区四条道り祇園 ギャラリー西利

共に企画展です。

4/12はアヤシイ煉獄さあかすのライブにも参加予定。また着物アコします。
また詳しくわかればnewsに書きます。
何からはじめたら良いのやら・・


・3月26日(月)m i x i が
なんだかこわいんです。
なんだか苦手です。

わたしには合っていないのかもしれない。
ここ最近ず〜〜〜〜〜〜っと覗いておりません。
お友達になっていただいている皆さま、もし見ていたらごめんなさいね。

一度見ると、しばらくはまた見られるんだけど。疲れるし、恐さを感じる。
おかしいのかなぁ?
もともと電話嫌いなのですが、そういうこととも似ているのかなぁ、違うのかな?

入りたての頃だけ楽しかったんだけどね。

・3月23日(金)桜餅とBBS 
桜餅連日いただいております。季節を感じます。写真の左下は襦袢の左袖。昨日、着物着ている途中にパクリ。
オルタナの創刊記念のパーティへ行きました。
が、昨日の着物は失敗したなぁ〜。完全にひとりで着たけれど、着物の格や雰囲気を失敗したかも?もう少し場を考えて選ばなければいけないな、、、
着物道は始まったばかり・・(はじまっているのか?)

先週BBSに突然大量の迷惑書き込みが発生。語句やIPアドレスの制限したり、その都度対応していたつもりなのに大量発生。消すことさえも追いつかないほどで、閉じました。
今日久しぶりに覗いてみると、更に大量書き込みは連日繰り広げられていた。う〜ん、、どうしよう。

このままやめようか?それとも、手間は少しかかるようになるけど、パスワードを入れたら書き込めるようにしようかな?
今まで書いてくださった皆さま、突然消えてしまってすみません。。
ブログにすれば?とも言われるんだけど、なんだかそこまで書いていく気はないんだなぁ・・

・3月17日(土) 環
今週は、新宿でのジャグリング教室直前まで大阪にいました。
『桑金魂還』に出席しました。素晴らしい宴でした。お洒落なザ・リッツカールトンでのパーティでしたが、着物アコーディオンも少ししたので、緊張してあまり食べられませんでした。お酒が入ると弾くことがさらに不安になるので・・

久しぶりにお会いした方々たくさん、、、桑金魂還の浪花のショーンコネリー桑田さんや、切り絵画家の久保修さんにはその昔、ずいぶんお酒に連れて行ってもらったなぁ〜〜(なつかしい。)
桑田さんは、お酒を通じて人との関わり方を教えてくれた方です。わたしはそれがとても苦手でした。ひとりでいることが好きな者なので。幼稚園の頃から、鍵付きの自分の部屋にいたからかもしれない。

久保さんと三人の飲みも多かったが、いろいろな人に会わせてくださった。行くと別の会社の社長さんがいたり、華道の家元がいたり、絵本作家がの方がいたり、、、いろいろもっと面識を広げなさいと言われた。

どうしてそんなにいろいろとしてくださるのか聞いたことがある。
すると、「株のようなものだよ」、と言われた。
あんたの絵が好きだし、才能があると思っている。世に出てほしいと思っているから応援する。大きくなってほしいと思うから応援するそれだけ、と。
でもそれは、大きくなって何かを返してほしいわけではない。おごったものを後々大きくして返してほしいとは思っていない。
俺も若い頃には随分目上の方々にお世話になって今ここにいる。今こうしてありがたいことにようやく余裕もでてきている。それは、若い頃お世話になった方々へのお返しでもあると。
あんたがもしもこの先余裕ができるようになったら、このことを思い出して世話になったと思ったのなら、その分はその頃にがんばっている若手の人に返してやってほしい、と言われた。
その言葉を忘れない。

桑田さんは私だけでなくいろいろな方にとても面倒見の良い方なのだ。
あたたかな会に呼ばれて、わたしは柄にもなくジーーンときた。やさしさは伝染するのだ。
あたたかな器の大きな方の側には、あたたかな味のある方がたくさん集まるのね。。。魂があたたかくなるような会でした。久しぶりにお会いするのに、皆変わらない。ほとんどわたしより年配であるというのに、皆少年少女のような方達ばかり。
次は皆にいつお会いできるのだろう。

それまでまたがんばろう。

・3月14日(水) お着物ちゃん
最近、何か書くときは着物のことばっかりになっているかも。。
わたしはのめり込むと激しいなぁ。

片付けるよう言われた荷物の中に子供の頃の写真が〜〜
たぶん小学2年生頃。
羽子板が立体的ですばらしい〜
お正月には着物を着せてくれていた母に感謝。
パソコンはするけど、このページを見ることができない母なんだけど。。

おしゃまさんな方がわたし。
幼い頃の写真は、ほとんどポーズとってるー。

・3月13日(火) 大阪
実家にて。
わたしの桐箪笥を見てみると、、意外にも着物があるではないか!
うれしい!
反物のちりめんの小紋が
今まで古着を買ってばかり
だったけど、自分用に仕立
ててみようかな。
これはもしや、、
成人式の時に着た着物??何年前や〜
結構なものを買ってくれていたのを思い出した。当時は自分で着たかったのでなく、親が着せたがったのです。。
しかし、すごいことだわ。2〜3回位しか着ていないのに。。
とても質の良さそうな
可愛らしい訪問着。
見たことない着たことないもの続々。。
雨コートや道行きコートや、喪服まで。
母よ、ありがとう。
いろいろと揃えてくれていたのね。
今まで着物に興味がなかったから
気付かなかったの。。
大阪と言えば551蓬莱ですね。
豚まんですね。
東京にはない味です。
大阪ではよく見かけるのに。
いつも持ち帰ってしまいます。

やはりわたしは関西人だなぁと思います。
離れている分だけ、良さもひとしおわかります、しみじみ関西が大阪が大好きです。

・3月09日(金) 看板ひとつ、ほぼ完成〜
あああ。
慣れない大きな立て看板。
昨日、こってりと描き込んでしまったけど、なんだか全然気に入らなくって、眠る前に全て真っ白に塗り描いたものを消してしまった。今日はシンプルに描き直し。わたしにしてはめずらしい?さわやか風味になりました。

私信。
連絡をしていない皆さま、もし見てくださっていたら、、、すみません。。なんだかいろいろなことに追われています。。ちゃんとします。。〆切間近なもの、〆切過ぎたもの・・自宅に籠りっきりで仕事してます。。当面この状況続きそうです。
何かに熱中しているときは世の中から離れるのです。TVも見ません、Tel.もでません、Mailもしません、街にもでません。
仙人のような風貌で。そして珈琲をたくさん飲みます。
それでは〜〜

・3月05日(月) お手玉とジャグリング
着物屋さんのお雛祭りの会で〈お手玉〉を教えてほしい、とのことで出向いてきました。
しかし、普段わたしが教室で教えているのは〈ジャグリング〉。

普段よりジャグリングのことを知らない人には西洋風のお手玉と説明してきてはいましたが、調べてみると実に興味深い。
ジャグリングは、技を磨き高度な技術を競ったり見せたりする要素が強いけれども、お手玉は技自体もそれほど高度なものではなく、どちらかというと人との交流を深めるための気さくな遊び的要素が強い。

もう少しお手玉のことも知りたいなぁと思いました。将来、お手玉伝承おばぁちゃんにでもなろうかしら。

それにしても、、しばらくパソコンも電話もTVもないところに行って、リフレッシュしたい気分であります。

どうやらわたしは比較的電化製品は嫌いのようです。使っているのにね。(ほら、今もデジカメにぱそこんね)

螺子巻き式の機械くらいが一番好き。進化した機器類は、こういうものはなかった時代の方が良かったのよと思いながらも、せっかくなら使えない人であるよりも、使える人でありたいと思う。矛盾。
でも、無くても楽しく暮らしていける人でありたいと思う。

・3月01日(木) 根津のたいやき
あの有名な?根津のたいやきです。いつ行っても閉まっていたのに(売り切れたら店じまい〜)、お土産でいただきました。

なるほど。
人気のわけは、外の皮ですな。
とっても薄くってカリッとしています。普通はもっと大判焼きのようにふわっとした感じが多いのでは?しっかり鯛の形はあるのに超薄皮!で、何処から食べても即あんです。
ごちそうさま〜

・2月27日(火) おいしいものとその代償・・
ホッキ貝。その下の貝はニョロリとまだ生きてます。上のものはうしろのmasuoさんにさばかれて、もうすぐ私の口に入ります。おいしかったです。ホッキ貝って大きな2枚貝なのですね、、貝は、ホタテ貝などの貝柱系以外はにがてなのかとおもっていましたが、、、おいしいのですね〜

貝が苦手と思い込んだのは、思えば盲腸になったときの、取り出した盲腸がその前日に食べたお寿司の赤貝にそっくりに見えたことからです。いやぁ〜マイッタ!masuo亭ではおいしいものたくさんいただきました。おいしすぎて参りました。
池ノ上、懐かしい街の風景や建物、そして人情味あふれる人達、、、温かい気持ちになりました。

そして、もうひとつマイッタのが肩!
日曜にチンドンを少ししたら、、案の定体中ボロボロ。肩が大変なので休み休みにさせていただきましたが、、、元気な状態でもハードな立ち弾き。五十肩ではいうまでもありません。何分くらい弾いただろう?こんなに長時間は五十肩史上初めて。。しかも何度か歩く。。悪い右肩をかばおうとして働いた左肩までもがちぎれそうでした。

写真は笑っていますが、本当キツかった!左肩もやられるかもと不安がよぎりました。
病や体調は人にはわからないものだから厄介ですね。かなりがんばったつもりなんだけど、わがままにみえただろうな。

 ↓ところで、先日のワニのお味は・・・・ううっ・・

 話しのネタにはなりましたが、、、
 後半に獣的な匂いが、、、ぼそぼそした食感にときどき噛み切れない鱗かな?と
 思われるものが、、、、、ああ・・まだ残ってます。。

・2月20日(火) ワニだ〜〜〜!
クロコダイルジャーキー。
オーストラリア土産でござる。

・2月19日(月) お太鼓結び
普段着の着物で、着物屋さんへ。
すこしでも慣れるために、着物屋さんへはできるだけ着物で通おうと思っています。
今年の当初の目標は「月1回着物」でしたが、大幅に多くなりそうです。1月は2回。2月は今日で2回目だけれど、もうすぐチンドン屋さんするので3回着そう。チンドン用着物のうそつきの袖も作らなければ。
来月も大阪でのパーティーでのアコ弾きと着物屋さんのおひなさま会(お手玉先生に変身〜)+1〜2回は着そうだなぁ。
ヨッシャ、その調子〜〜

五十肩で手が後ろへ回らず結べなかったお太鼓結び、、、、現在の手の届く範囲での工夫した結び方で結べました、ばんざい!

・2月11日(土) PATI・PATI
マンスリーミュージックマガジン、『パチ・パチ』
3月号に、ちょっぴりでております。

浅倉大介さんのTokyo Dateという、浅倉さんが毎月いろいろなことにチャレンジするコーナーで、今回はジャグリングに挑戦!ということでわたしのジャグリング教室にいらっしゃいました。

浅倉さんは、サスガ!!というくらいの熱中ぶりで、休まずに汗をかきボール3つのジャグリングに熱中されていてメイクさんも大忙し。
きっと負けず嫌いなのですね。
1時間ちょっとしかなかったのですが、かなり集中力のあるがんばりっぷりでした。
和気あいあいとした撮影に、浅倉さんは撮影隊のみんなに愛されているなぁ〜という感じを受けました。さすがだなぁ、タレントさんは皆を魅了するのね。

3月号は2月9日に全国発売。音楽雑誌のコーナーにありました。後ろからめくるとすぐです。
良かったら見てくださいね。現場の風景が浮かぶかのように面白く書かれています。
でもね、、シガーボックスは・・3つだとボール15個分くらいの値段がするのだよ、、、
久しぶりの音楽雑誌に、顔知らない人もたくさんだ〜(アクセス応援しま〜す)

PATI・PATIのwebサイトにもちょこっと浅倉さんとのジャグリング動画が出ていまーす。
PATI PATI WEB
(浅倉大介 TOKYO DAte へGO)

・2月3日(土) お茶会・・
今日は節分。そして、お気に入りの着物屋さんでのお茶会。
着物を着てお出かけ。
しました。

着物屋さんでほっこり落ち着いてお話ししていると、『明日のお茶会はこられる?』って聞かれてビックリ!!!お茶会は明日でありました・・
そういえば思いのほか人が少ないなとか、洋服で来る人もいるんだとか、、、、いろいろと不思議に思ったことはありました・・あ〜〜あ。

ともあれ節分は節分。
鬼は外、福は内。
北北西に向かって太巻きをいただきました。

・1月31日(水) 右肩上がり?
どうしてこんなにも着物を愛してしまっているのか、、じぶんでもわけがわかりません。ああ、きっとloveとはそのようなものなのですね。

昨日、着物に空気を通そうと出していて、大切な紫の正絹の着物にカビらしきものを発見!
が〜〜〜〜〜ン!!!

着物は繊細なものだとわかっていたつもりなのに、、、、置いていた場所が悪かった・・・
悲しくなって、イライラして、、、
で、これからの防御のことを考えた。現在置いている場所は窓際で、マンションだから結露が激しい。で、その側だと、いくら水取ぞうさんをおいているからとて、、正絹にはきつかったのだ!で、狭い部屋の中で他の場所を考えるも見当たらない。押し入れの中には入れてしまいたくはない。部屋は本が多い、銅版画やら切り絵やらの紙が多い。大きなプレス機もある、ああ場所がない。しぶしぶ押し入れを探るも額がたくさん占領・・

で、辿り着いた結論は、普段着の洋服との場所交換、決定〜
今部屋を片付けなおしています。かつての普段着の洋服置き場にお着物さまがやってきました。
もしかしてもしかすると、いつの日にか着物生活をする着物婆ぁになる日もくるのかもしれません。ああ、そうなるといいなぁ。
これからは、保存法にお手入れ法もきちんとしようと誓う。

五十肩になって、長らく行っていなかったアコーディオン教室(生徒としての方)、本日久〜〜〜〜しぶりに行きました。プチ復活宣言!!!(まだ肩は固まっているけど・・右肩上がりで弾くのですが、それもまた目出たそうでよし。)

↑愛用のアコと、冬の友達デロンギオイルヒーター。ちょっと似てる?

・月1着物生活     1月25日(木)
今年に入って、
『月に一日は着物を着よう〜』
などという目標を持っています。
とりあえず今月はクリア。初詣と、初アコ弾きの日に着ました。
写真は電車待ちの足元、駅のホームにて。右の荷物はあこるでおん。
演奏中の写真は何枚か撮られたけど、わたしの手元には来ないんだろうな、欲しいな〜。でもなんか頼めないんだな・・
<p><font size="-2" color="#666633">着物+下駄+背中にアコルデオン=けっこう大変なんですな。(着物で背中に背負うあこるでおんはきっとまるで行商の人?)
着物もさながら、髪のまとめ方ももっといろいろ知りたい。ああ、もう1年近く美容院に行っていない・・いけませんあぁ。

いよいよお正月も明け、平日に突入致しました。

年末はいつもあわてておせちを作ります。
重箱は今は亡き母の母、菊間のおばあちゃんの使用していたもの。毎年母と大晦日にはおせちを作っていたのでその癖がしみついていて、実家に帰ると一緒に作るし、帰れない年もひとりで作ります。二の重までですが。少々今年はさぼって品薄です、、食べ物で出来物は嫌いなので、ふだんもお節もぜんぶ手作り。きっと意外かも?人前では決して作らないですもん。自宅のみ。
おせちは古典的風。伊達巻きもきんとんもあるよ。自分で一番好きなのは黒糖で煮た黒豆。毎年大晦日に作った後、その年の年賀状とともに写真を撮っています。季節の行事は楽しまなくちゃね。

<p><font size="-2" color="#666633">元旦は、念願の着物で初詣をしました。
親に着せてもらって連れられての子供時代を除くと初めてのこと。この意気込みは、今年からどんどん着物を着るぞ〜〜っていう意気込みだったりします。(アヤシイけど、、、まだ肩が治らず手は背中にいかないので普通の帯は結べず、浴衣のような半幅帯を前で結んでくるりと後ろに回しています。いつ治るんやろか・・)

HOME