卯月、暖かかったり寒かったり。
はよ花粉なくなれ〜〜
_____________________________
4月11日(金) 
ガー!! 絵とアコーディオンとジャグリング、再び混線混乱してきているこの頃・・

とりあえず、携帯電話が見つかってよかったです。JR東日本の担当の方はとても丁寧で親切でした。駅員さんが見つけてくださった模様。もう電車で眠りません。
電話会社に連絡して、電話をロックしてもらえることを知りました。スゴイです。

楽器持ってる日は飲まないようにしなければ。。(毎度反省している気が・・)

←おまかせロック中。
ストラップも本人確認に大切なのね〜
_____________________________

4月11日(金) 縫い姫さんバイバイ
長年愛用していたミシン。
本日粗大ゴミとなる。
なんだかさみしいな。

20年くらい前から一緒だった「ぬい姫」という名のミシン。震災の時に電子部分がオカシクなり普通のミシンになったけど、いろいろなもの作ったなぁ〜思いつきで。あまり計画性無く。

最近はご機嫌ナナメで・・12.5kgのヘビー級さん、おつかれさまでした。ありがとう。(母よ、壊れちゃったよ、ごめん〜。)

_____________________________

4月8日(火)  ジャグリング教室5周年!
カルチャースクールでジャグリング教室を始めてからこの春で5年経ちました。当初は大阪:ラジオ大阪さんで。
始まってまもなく東京へ来ることになって、1年後に東京の読売日本TV文化センターさんでも始まって丸4年。

ちょうど東京5年目スタートの日、生徒さんでも友人でもあり、尊敬する音楽家でもあるSさんにジャグリングの絵本をいただき感激しました!ありがとうございます。

いろいろな見方のできるとても奥深いお話でした。絵本は大人も心掴まれます。いつか、少年少女を心の中に持っている大人のための絵本を描きたいなぁ。

_____________________________

4月4日(金)  先日の大阪のライブ
Iさんより写真を送っていただきました。
嬉しいな〜
なかなか自分の弾いている写真って、無いもの。。

カメラを向けていただくと嬉しくなってはりきるときもあるけれど、その写真が自分の手元に来ることって滅多にないもの。。
撮ったら送っていただけると、とーーっても嬉しいです。(しかし、それを声に出してお願いする勇気はなしで・・)

シャンソンライブに影響されて、先週末は映画の「エディットピアフ」を観に行きました。

_____________________________

4月1日(火) 個展の予定変更など
2008年末の個展の予定が2009年末に変更になりました。
ホッ。
まだまだ先の年末の話だというのに、大きな場所なので、すでにかなりあせり気味でした。。ほんの少し時間に気持ちにゆとりができそうです。
(bbsに書いてくださったOさん他、今年度末に京都で開催すると言ってしまった方々へごめんなさい。。2009年末〜2010年初め開催予定です。)

オルタナ 7号が出ました。創刊号よりキーワード切り絵で携わっておりますが、めでたく1周年を迎えました。現在は隔月出版ですが、来春より月刊化されます。環境問題や企業の社会貢献を考えたり、地球にやさしいこれからの雑誌です。ご興味のある方は是非。

ああ、花粉が少なくなるのを待つ日々です。
目がかゆいとこすっていたら、目薬を買っていただきました。とてもマイルドなもの。
こんな年齢ですが(どんなやねん)目薬がこわくてあまり使用したことがありませんでした。なぜならば、目に目の中に薬品を入れるなんておそろしいーー!と思っていたからです。いつの時代の人間や・・。
意外にもマイルドな目薬はOKでした。

螺子巻き式の父のストップウォッチ。
人前で話す仕事も多かったから必需品だったみたい。
昔から欲しがっていたもの。やっと母から譲り受けたけど、分針が緩んでて計れない・・
でもこのカタチ大好き!
_____________________________

3月23日(日)やまぶきいろ
実家の庭にて、山吹の花。

今の季節はお花がいっぱい。

ついついやまぶ黄色と思いそうになるけど。

これが本物の山吹色だぁ。

_____________________________

3月19日(水) 震えるG
ごめん。
最近アコーディオンにあまり触れていなかった。
久しぶりに触ると変な音がする・・

開腹手術するも、直せず、治らず。
「ココ」がおかしいというのは音からわかるのだけど、どうおかしいのかが全くわからない。

音が出なくなって、今まで2回はなんとか直ったけれど、
音が変になったのは初めてだ。
まさに風邪をひいたような音、という感じ・・

避けては通れないベースのG。
治してあげたい。直したい。

_____________________________

3月4日(火) あっかんべ

昨日ひなまつりに居たはまぐりハマちゃん。

お店にいたときから「あっかんべ〜」してた。
すばらしきリラックス加減に愛嬌のある顔(?)

お話してみたいと思いました。

食べちゃったけど。

_____________________________

2月29日(金) はなマスク
前回の落書き↓が楽しかったので、
ついでにtopのイラストリニューアルしてみました。
安易だなぁ〜

まだイラストをクリックしてもページに飛びませんが、
またそのうちに。

はないちごさんにマスクつけてみました。

本日28日ですが、2月29日と書きくなりましたので。

_____________________________

2月26日(火) はないちご
鼻血ブーしました。
土曜日に家でお昼ごはんを食べていると。

突然です。
苺の大洪水!!
蛇口をひねったみたいにとめどなく。。。

脳みそもきっと流れ出た。減った気がするくらくら。

その後も苺はたびたびやってくる。
静脈でも切れたのだろうか。

外出にマスクが手放せなくたった。

しかしマスクは子供用では小さすぎ、
大人用は大きすぎる・・

子供の頃いちごがブツブツの鼻に見えて嫌いだったから
いちごが逆襲にきたのか?

_____________________________

2月19日(火) 再び蛇腹の中に入る??
アコーディオンをしばらく離れて当面絵に専念しよう決心したばかり・・・
なのに、お誘いがかかりまたふらり。
あ〜あ、あかんなぁ。意志弱し・・
こんなことで絵は間に合うのか・・
でもうれしいから仕方がない。

とりあえず3月のシャンソンライブだ。

ボタンアコーディオンはシャンソンのためにある、
とその歌うひとは断言する。
そうなのか?

別の人に連絡を取るように言われ電話をした。
シャンソン歌いのその方はボタンアコーディオンとはしたことがないのだけれど、藤田朋子さんの旦那さまみたいな感じなのでしょう?と。

え?    エ”〜〜〜??

桑山哲也さんはもう別格でございます!

行く勇気なくなります・・

_____________________________

2月18日(月)  飽きっぽいなぁ
さ、寒い。
手足が冷たいです。

昔作ったピンクのミトンと
ブルーの指開き手袋。

でも家には仕上げられずに作りかけのまま忘れ去られたものがたくさん。一気に仕上げないと気持ちが終わってしまうん。

_____________________________

2月12日(火)     さようならアコルデオン2
9日までわたしのものだったアコルデオン。
12日の今日にはもう買い手が付いたみたいだ。あああ〜持ち主が現れてくれて安心だけど、なんだかショックもある。買い手が付くのが早っ!わたしが早まったのか?美しいアコルデオンだったので、離れたことを思うと残念だ・・
ああ、未練たらたら〜

いや、これでいいのだ。楽器は弾かれてなんぼだ。
わたしは青アコを弾かなかったから。人前で弾いたのは一度だけ。

私が持つには大きかった。
病み上がりのわたしには重かった。
フレンチタイプのボタンに馴染まなかった。
フレンチタイプの音色スイッチに馴染まなかった。
奇麗だと思っていながら、逆に時に色に嫌気がさした。
華やかすぎる音色が苦手だった。

あれ?わたしは美しく華やかなフレンチタイプが苦手なのか!?最初に買ったイタリアのものに馴染みすぎてしまったのかも。
やっぱり仕方がないか。次は、見た目の美しさでなく、本当に自分にとって弾きやすいアコルデオンを買おうっと。
高い楽器だからなるべく一生使いたいもん。

もうわたしの物でなくなったので、写真もこれで最後にしよう。

ばいばーい。
_____________________________

2月10日(日)     さようならアコルデオン
昨年やってきたばかりのアコルデオン
その美しさに惚れ込んだのに
弾かなかったMML
さようなら

思えば一度肩を壊してからは
めっきり弾かなくなってしまった
青いヒトには慣れることすらなかった

弾かないでいると曲を忘れてしまい
忘れてしまうとさらに弾かなくなる
楽器は弾いてこそ音が良くなるという

もう少し体を休めて
時間と気持ちに余裕ができて
本当に弾きたくなった時にまた弾こう

それまでしばらく左様なら
青いアコルデオンはきのう手放してしまったけれど

Bye-Bye
_____________________________

2月8日(金) トランプ
探し物をしていたら、トランプやらカード類が出てきた。もうすっかり失っているものだと思っていたんだけど、持っていたのね〜

フランスのトランプとか、永谷園のカードやら。
ああ永谷園のカード、全部ほしかったなぁ。

そして、記憶の中では初めて飛行機に乗った小学生の時にスチュワーデスさん(当時はそうでしたね)に頂いた児童用トランプも。
もうこのJALマークも変わっちゃうのね〜

_____________________________

2月4日(月) 節分の日 雪だるま まるかぶり 豆まき
一面の雪にわくわくした。

数年前、今は有名になったアクリル画家さんの教室に少し通っていた頃、白から黒のトーンのチップを200段階くらい作って春夏秋冬の色イメージを4パターン自由に作るという授業があった。わたしは冬を白っぽくして、夏を黒っぽく作った。すると他の生徒さんは皆逆で夏が白くて冬が黒っぽかった。

先生に質問された「雪国出身?」と。いいえと答えると、「そしたら冬は白じゃないでしょう?」と。「前にもそんな子がいてね、どうしてそうなるのかと出身地を聞いたら北海道出身でね、その子の場合はしかたないなぁと思ったけど」と言いながら、わたしの冬を黒く勝手に直していった・・・わたしの冬は無くなった。

自由に四季を色分けするなら、冬のイメージが白くても夏が黒くてもいいではないの?それ以来その先生に不信感を抱くようになった記憶がある。

出かける前に作ったちいさな雪だるまが、
帰って来たときはライトに照らされて少し凛々しく感じられた。

_____________________________

1月22日(火) きしめん と ぴえろ と 長さの単位
おいしいきし麺をピエロのマスターにいただきました。
マスターへの常連さんからのおなじみのお土産なのだけれど、おいしいから食べてみてと常連さんの了解を経てわたしへ回ってきた。
きしめんの印象が変わる〜!本当においしかったー
手延麺の一丈棊麺というもの。なが〜〜い。茹で入れる前に長さを見てみたら、わたしの身長くらいもある。長いけどもちもちっとコシもある。好みでカットするよう書かれていたけれどカットしなかったら、お椀に入れるの大変すぎて切ったけど。。

そこで調べてみた。「一丈ってなんだ?地名?人名?」と。
すると長さの単位でした。一尺の十倍。一尺は30.03cm。一丈は3m3cmってことになる。明治になって正式に制定された基準。(昭和33年までは正式単位だったらしい)
和の単位が時代によって違うのは中国からやってきて、その後はそれぞれの生活に密着した単位だったのでそれぞれおおまかであったみたい。時代によってもぜんぜん違うみたい。明治以降の単位では、一尺は成人の親指と人差し指を広げた長さ、両手分の。なるほど、30cmちょっとになった。人によっても誤差があるだろう。
おもしろーい!そういえば着物でも帯の長さを丈尺で表記されているものもあるし、仏像なども一丈六尺の仏像などと言うなぁ。ふうん。
一丈くらいまで伸ばした麺を半分にカットして束ねたからわたしの身長近くまであったのだろう。

おいしかったついでに単位まで知れるとは嬉しいな〜
マスターありがとう。

ピエロはわたしにとっては文師師匠との思い出深いお店でもあるのだ。今度大阪へ行ったら、また遊びに行きます。

_____________________________

1月20日(日) 普通モードに切り替え〜
そろそろ・・個展での久々にお会いした方達との飲み、新年会飲みも終わりにしなければなりません。

写真は煉獄サアカス仲間の新年お鍋の会・・なのに皆、
大きな楽器から衣装から、飲みに来る道具の多いこと!皆真剣に楽しみに来ています。すてきな大人達〜
贅沢参加型ライブみたいなお鍋の会です。
音楽軍団に役者さん達に僧侶さんにボイストレーナーにチンドン屋さんからベリーダンサーさん達まで。ああ、すばらしい!!
アコーディオン背負って参加しました。たのしかった〜

個展の後仕事も後少し。
そろそろ気持ち切り替えていかなければ。。

_____________________________

1月13日(日) あるとき ないとき  〈ぎゃらりぃ西利編〉
〈 いるとき〜〉
・切り絵の間 ・銅版画の間
〈いないとき〜〉
ボ〜〜っと。ごろりんと。 編み物中。本読みも。
とりあえず、個展は終了しましたが、精神的にまだまだ元に戻れないのと、
後仕事としての片付けや製作にこれから追われるのでしょう。
のんびりと過ごした関西での日々を切り替えて行かねばなりません。。
作るのが遅すぎるので期限をつけられるこのごろです。。。ああ自業自得〜

_____________________________
1月9日(水) ぎゃらりぃ西利、個展終了しましたぇ。
京都祇園・ぎゃらりぃ西利さんでの2週間の個展を無事終えることができました。

今回は今まで以上に皆さまのおかげで無事終えることができたと痛感する日々でした。

クリスマスアコと重なり、搬入には行けず飾り付けはM兄ぃを中心とした西利の方々にお任せしてしまいましたし、搬出はいつのまにかもう知り合って10年近くなるらしいジャグリングDの仲間軍団(濃ゆすぎ〜)にもお手伝いいただきました。お土産をいただいたり、お話ししたり、お酒を飲んだり・・。新しく出会う方々、中学の同級生達にも来ていただきました。何度もギャラリーに来てくださる方が意外にも多かったのは嬉しいことです。京都で切り絵教室を持たないかとのお話も頂きました。(東京在住で残念。。)初めて外国の方(オーストラリアの方)に絵(銅版画)をお買い上げいただいたりもしました。有意義な楽しい日々を過ごせました。

ありがとうございました。
これからも絵を描いてゆこうと思います。

いただいた写真をUP。
(M兄ぃアコ写真ありがとう〜〜〜〜いつのまに〜〜
嬉しおすぇ。 写真腕上げましたなぁ〜。途中の絵もいとをかし。アコ弾きのわたしはホント楽しそうー。)

_____________________________

1月3日(木) 元天文学者 ノ 娘
今日は京阪でなく、阪急で梅田まで電車に乗ったつもりが、、、、、目が覚めると再び京都方面に向かっていてびっくり!!家が遠い〜〜

本日は実家の駐車場の上にて「オリオン座」「冬の大三角形」「北斗七星」を観ました。もっと知りたいな〜
星空は元気になれます。

写真は文京区にある旧岩崎邸の窓。建築家ジョサイア・コンドルさんの設計。(現在カメラ繋げないので昔のもの〜)

_____________________________
1月2日(水) ワンカイヨ ノ 空 ヲ 想フ
京都はおいしい。
日々いろいろなものをおいしく頂いております。本日はぎゃらりぃ西利さんのもの御膳。おつけもの前菜から、煮物や天麩羅、デザートまで。<br> 先斗町や、花見小路らや、、、、どこへいっても目で舌でおいしい也。
元旦は家でおせち。今年は母のお節。久しぶりに作らなかった〜。毎年おせちを作ったら年を越すイメージなのは、小さな頃からいつも母と作っていたからだろう。

母の昔のワニ皮バッグに、45年位前の母の写真が入っていて、、、、、いやぁびっくりしました。話しは私の生まれるよりずーっと前のお話にタイムスリップします。今まで見てきた美しかったもので今でも目に焼き付いているものが、
「ワンカイヨの星空」
「カリブ海の紫色の海」
「リオデジャネイロの砂」
だそうです。わたしは見ることができるだろうか?今でも見られるのでしょうか?

写真は年越しのお蕎麦。京都なのでにしんそばを食べたかったけれど、そのお店には無かったので、あなご蕎です。ワンカイヨの星空が気になります。
東京よりは空も大きとてもよく見える田舎の実家ですが、比べものにならないようです。
あけましておめでとうございます。本年もマイペースでいきます。(マイペース=とてもゆっくりです)見てくださってありがとう。 今年も皆さまに楽しく暮せる年でありますよう。