平成二十五年 (2013) 癸巳(みずのとみ)


平成二十五年  葉月 二十八日 (水) 浴衣でふらり
今年は花火大会へ浴衣で行くも、急な豪雨で5分前に中止。あらためて浴衣を着たのは四ッ谷三丁目のチェコ料理の だあしゑんか にて。8月演奏日は浴衣サービスDAYとなりました。(ビール1杯サービス)

チェコ料理なのに浴衣!?ですが、演奏後浴衣て荒木町辺りを散策していると、意外にもこの界隈では浴衣サービスをしているお店がちらほらあることを知りました。

四ッ谷荒木町は随分と昔は花街だったらしく、街に色香漂います。ガウディビルと呼ばれたりするらしい素敵タイルのお店発見!
しかし、下駄に10kgのアコーディオン移動は大変。大正時代は和洋MIXは普通だったんだから、靴を履けばいいとのアドバイスをいただく。う〜〜ン、どうしようか。。
でも、どちらかというと明治派かもしれない。

だあしゑんか のBARカウンターにて。麗人ふたりに挟まれて。


平成二十五年  葉月 十九日 (月) 夏風邪
不覚にも、夏風邪。。
子供の頃より、風邪をひくとひどく叱られたので、いつも大丈夫風邪でないと元気ぶる癖が染み付いている。
が、身震いするし、頭がぼーっとするし、いかにも声がガラガラだし。久しぶりに体温計を測ると39度だ。わわ。
お盆に寝込む。。
たまたまTVでしていた映画「自虐の詩」を観た.はじめ少し見逃したけれど、おもしろかった〜

病み上がりに、妖怪展へ。そして金魚とたゆたう。
はたまた、金魚を食らう妖怪かー。本日より完全復帰!


平成二十五年  葉月 九日 (金) 残暑お見舞い申し上げます。 
 もう先月になりますが、初の新しくなった歌舞伎座へ。
すごくおもしろかった〜〜見やすかった。ずっと前のめりでみいってしまいました。通し狂言だからその日でお話が完結。お勧めの演目!!
お歯黒の仕方、もっと見たかったな。
仕掛けも凄くてのまさにエンターテイメント。
帰りは雨が止んでよかった。
棒立ちのわたし(右)と、艶っぽい夢二立ちは友人で着物の師匠もっち先生。さすがだな〜。

翌日、アコーディオンを弾きに だあしゑんか へ。その話をすると、四谷怪談の舞台はすぐ近くにあるよって。
ひゃ〜


平成二十五年  文月 二十日 (土)  おいしい麦酒と音楽と
ベルギー麦酒はおいしいな〜〜
さすが麦酒美味しい三大大国、ドイツ・チェコ・ベルギーだーと言うと、違うものだから一緒にしたらダメだよ、と言われた。むむ??

ドイツやチェコは適した麦ができるので純粋な麦酒で、ベルギーは最適な麦でない分いろいろ工夫し果実等の糖類や香辛料を加えたものが主流らしい。知らなかった〜。でもおいしければいいよね。
ドイツには法律でビール純粋令「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」が定められているのか。。一人当たりのビール消費はやっぱりチェコが世界一だった。おいしいからね、さすが!

本日発売の「 ムジカノーヴァ 8月号 音楽之友社 )、表紙のイラストを描かせていただいております。テンペラ画です。

ちょこっとアコーディオンを弾く音楽好きのはしくれとしては、かなり充実の内容。曲の調による性格分けも面白い!
付録の作曲家カードは、間違いなくわたしの部屋に飾られることでしょう。音楽室のようにしたい。今回はモーツアルトさまとヘンデルさま。ああ、ベートーベンが欲しくなる〜
父の若い頃、少し面長のベートーベンで、髪といい眼光の鋭さといいそっくりなんだなぁ。


平成二十五年  文月 十二日 (金)  なかなかやりますな
兄からめずらしくメールが来た.
本を出したらしい.ビジネス書だ。わりと売れている模様。

ただの自惚れ屋ではないようだ。
勘違い人だけど、超プラス思考で勉強家だ.
(妹の特権で、あまり人が言ってくれないことを、本心でずかずか言います。)

でも、なかなかやりますな。

お恥ずかしいので、宣伝は控えますが...
あれ?名前も変わってるし〜〜


平成二十五年  文月 四日 (木)  蛇の道は蛇
最近、アコーディオンがとても好きだ.
この大好きさ、アコーディオンを始めた頃の気持ちに似ている。もっと深い。なんならずっと弾いていたいような。恋をしているような。

そんな日は突然で、先月半ばあたりにやってきた.音に対しての意識や考え方、気持ちが突然変わってきた.なんなんだろう。

弾いていた曲は、ここ数日で随分変わった。今後はもっと変わっていくんだろう。
ほんの少〜し、新しい扉が開きかけている気がする。

ま、気がするだけかもしれませんが、、、、
蛇腹で脱皮なるか・・・?


平成二十五年  水無月 二日 (日) 夏蜜柑ちゃん
ひと月程前においしくいただいた夏蜜柑.
あまりにおいしかったので思わず種を土に植えました.小学生みたい。

それがそれが、、、本当に発芽してきました.元気な双葉。
柑橘系独特のしっかりとした厚い葉です。背の高い双葉です.
お水をあげるのが楽しくなってきました.


平成二十五年  皐月 16日  (木) 銅
大好きな銅版画の教室、、、、6月にて終了させていただくことになりました。教室まで片道1時間半は少し遠かったなぁ〜。大好きな銅版画の教室を自らが閉じるとは思ってもみませんでした、申し訳ありません。

今後も銅版画は続けていきたいと思います。


平成二十五年  卯月 25日  (木) 夏の香
母からの荷物に夏蜜柑が入っていた。
おおお、おいしっ!!
夏蜜柑って、こんなにおいしかった?
甘酸っぱくて初夏の香り。

思わずべランダのプランターに種を植えてみました。少ない土では難しいかもしれないけれど。蝶々が来るだけでもいいかなぁ。

蜜柑系は剥きながら食べるのは好きではなくて、全て剥いてから蓋付き容器に入れて冷蔵庫で冷え冷え状態のものを後ほどいただきます。

今日ふと気付いたのですが、、この4月でジャグリング教室を始めて10年が経っていました。もう11年目、、びっくり!
何かを始めるなら少なくても10年は続けたいと日頃から思ってはいるのですが、、自分が始める何かでなくて教える側で10年経つとは思ってもみなかった、、歳月とはすごいですな。

自らがいろいろ学びたい方なので、人さまに教えるなんて技術もないし性格的にも向いていないと悩みながら始めた教室も、いつのまにかその種も増えて・・・。
オルタナ編集長のM氏からは歩くカルチャーセンターと名付けられてしまうし、笑。

色々な方と出会い、逆にいろいろ学ばさせていただくことも多いです。
これからも、楽しく有意義な時間にお力添え出来ればと思います。


平成二十五年  卯月 8日  (月) パスタ
イタリアのお土産でいただいたパスタ。
何をかたどっているのかわからずにいただくのもよくないと思い、各種並べてみました。自然色で綺麗。

上からはブーツ型のイタリア半島とシチリア島。ベネチアのゴンドラ。コロッセオ。横の方にピサの斜塔。下の2つがわからず調べると、ミラノ大聖堂とサンピエトロ寺院っぽい。

昔たぶん見たことがあるのはコロッセオとサンピエトロ大聖堂。あとは行った気分で食べてみる。トマトアンチョビーソースで。

そして、おまけにいただいたイタリア版爪楊枝に釘付け。
「S A M U R A I 」って、、、、すす素敵すぎる!!
なんて小さな侍や〜〜 爪楊枝侍見参!


平成二十五年  卯月  四月朔日  (月) ワタヌキさん
世田谷文学館へ「帰ってきた寺山修司展」を観に行った。中学生の頃、図書室で詩集に出会いそれ以降夢中になった。今でも大好きな方である。ピンポイントの世代ではないので、舞台等は一度も見た事はないのだけれど。実験映画は後に全て観たなぁ。
偶然お母様のハツさんにお会いした事も懐かしく思い出す。

普段の仕事をした展示でなく、若い頃に病室から出した手紙や葉書を中心とした展示になっていた。個人に宛てた手紙なのに後に皆様に公表されるって、、、、ご本人的にはどうなんでしょう・・・などど思いながらチラリチラリと見てしまう。

初めて書き下ろしたというラジオドラマの脚本にアコーディオンが記されていて、なんだか嬉しくなった。
 自分の居なくなった後の音が鳴り響く SE:アコーディオン
でもさみしい音色だな。

帰り、包丁で切り絵をされる大将のいらっしゃる恵等志というお店へ。季節のお魚や野菜がおいしかった。
焼き竹の子は春の味がしました。
鯛カブトの煮付けをいただくと、鯛の鯛が綺麗に出てきた。いい日だ。

↑鯛の骨の一部「たいのたい」


平成二十五年  弥生  27日  (水) 満月の雨
昨年の5月より第2・4木曜日に演奏させていただいている、
四ッ谷三丁目のチェコ料理店
だあしゑんか」。

告知用に仮で着物を着て弾いているイラストを使用していたのですが、イラストを新しくしました。
ほんのりチェコ風を意識して描いてみました。そして実際の演奏姿にも近づけました。

チェコはビールがおいしくて有名ですが、わたしも演奏の合間にいただいているのです。どうしてあんなにおいしく泡がこんもりとマウンテン状態になるのでしょうか。グラーシュやクネドリーキ、ブランボラークと共に是非。

気分も新たに。
演奏も新たに・・・?
と、いきたいところです。。。

昔のもの
(一部文字化けや消えているものあり
2013_1 2013_2
2012_1 2012-2 2012_3 2012_4
)
2007-1 2007-2 2007-3
2006
HOME