第5回AIMPA(アワガミ国際ミニプリント展)にて、優秀賞 をいただきました。
http://miniprint.awagami.jp/exhibitions/index2021.html

世界58カ国より1375名の応募、作品総数は約1821点とのことです。
和紙を使用した版画展で、申し込んだ際に和紙が送られて来ます。

切り絵をしているので、その際に和紙を使用したことはありますが、
一時期紅型や型染めをしていたこともあるので、その際に和紙も使用してはいましたが、
銅版画で和紙を使ってみたのは初めてでした。

銅版画は西洋で生まれた技術なので、銅版画用紙は基本的に洋紙です。
応募するにあたり、色々な和紙に触れてみたのですが、和紙って面白い。
弱そうで強いところが好き。シワシワでも味があるところがいい。
個性も様々で、版を作ることばかりに気を取られていたけれど、紙にこだわるのも面白いな、と思ってきました。好きだった版画用紙があるにあるのですが、一度気に入ったらそればかり使用していたから、あらためて色々な和紙に触れてみたのはとても新鮮な気分でした。

好きな和紙も見つけたのですが、また色々な和紙にも挑戦していきたいな。
日本人だし、版画も和紙を基本にしてみるのもいいな。
一時期、着物着てアコーディオンを弾いていたように、着物着て和紙版画作ろうかなぁ〜〜

あと、髙橋さとみ を髙橋三十三 にして応募してしまいました。。。
どうも 髙橋さとみ さんは他にもたくさんいらっしゃるし、なんだかモノづくりしていなさそうなイメージだなと思い、なんだか急に 三十三 にしてしもた。。。
一応サトミと読むことにして。。

髙橋三十三、始動しようかな。
少しお爺さんのような雰囲気だけど、300歳位な感じもまたいいかな。

楽しいアコーディオン 教室開講中 (NHKカルチャー仙台校)

alterna 65号 髙橋さとみ切り絵ワールド(39) 掲載中



http://miniprint.awagami.jp/exhibitions/index2021.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です