少し前に、コロナのワクチン接種第1回目行ってまいりました。

薬弱い私は、、、、なるのではないかと恐れていたら、、
本当になりました、びっくり。軽めだけれど。

翌日と翌々日に腕の筋肉痛。
筋肉痛ピークが収まり、腕が上がるようになった頃に腕が痒くなり、
注射痕を掻いてはいけないと目視するとかゆいあたりがぼんやりと赤くなっておりました。
「ををーこれが噂のっ!!」
と思わず写真撮りました。洗面所で明るくて見えづらいけど。
私の場合は早めで、翌々日夜になりました。
4日目には筋肉痛はなくなりました。
ああまだ2回目があるぞ〜
でも打ってよかったと思っております。

なんと、うっすら赤くなっていたモデルナアームと思っていたものは ↑ は一旦消えていたのに、
7日目夜、パワーアップしてぶつぶつ付きの赤い紋で痒みとともに再び出現。ひえ〜〜

左:再びかゆみ 中:モデルナアーム再び 右:治りかけのモデルナアーム
これが本当のモデルナアームでした。前出のは序章でした。

モデルナアームの私の型はこんな形でした。
治る時は、小さくなっていくのではなく、薄くなってゆくんだ・・とじっくり観察。
12日目の今は右の薄い目ですが、晩御飯にお酒を飲んでしまうと全盛期の赤色に戻ります。
アコーディオン教室の生徒さんに「若い女性に出現率高いらしいですよ」と言われていたので、
「やっぱり出ちゃったわ〜〜」と報告できそうです。。

楽しいアコーディオン 教室開講中 (NHKカルチャー仙台校)

alterna 65号 髙橋さとみ切り絵ワールド「太陽の一族」掲載中


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です